メールアドレス パスワード
>パスワードを忘れた方はこちら
無料メンバー登録

専門業者ってなにをするの?

不動産業者の専門領域を把握しよう
不動産を売却するには、それを買ってくれる相手を探し、契約や引渡し時に様々な手続きをサポートしてくれる仲介業者の存在がたいへん重要です。

住まいは大切な資産ですから、なるべく高く、いい人に引き渡したいと誰もが考えます。だからこそ、仲介業者を選ぶなら、皆さんの思いを汲んで対応してくれる業者がベストなのです。ただし、不動産の業者にはそれぞれ専門領域がありますから、それを把握したうえで選択しなければなりません。

マンションの業者でも得手・不得手がある
では、不動産の専門領域とは、どういうものがあるのでしょう?たとえば、街の不動産屋は主に賃貸が専門ですよね。こうしたところに頼んでも分譲の買い手を見つけるのはなかなか難しいでしょう。

こうした例と同じように、中古マンションの売却を、新築分譲マンションに特化した不動産業者や、土地から企画開発を手がける業者に頼むのは買い手のニーズとは合致しません。中には扱う顧客のほとんどが商業施設という業者もいます。頼むところを間違えるとスムーズにいかないことが多くなります。

自分の要求に合うかどうか
たいていの不動産業者が、自社に仲介を一任する専任媒介契約をお願いして来ます。この時、業者のことをあまり知らないうちに契約してしまうと、たいへんな目に合うことがあります。契約が決まらず経過報告も芳しくなかったので、知り合いに聞いてみると、自社物件には強いが売却マンションには実績が乏しい業者だったなんてことが実際にあるものです。

たとえ、大手だから、名前が有名だからといっても、専門性が違っては元も子もありません。かえって小さいところの方が皆さんのニーズに合致してフットワークも軽い、という場合もあります。

まずはインターネットで下調べ
不動産を売却する時は、何より下調べが大切です。今はインターネットでその会社のことを簡単に調べられます。まずはアクセスしてみること。そして、これまでの実績を重点的に調べることがポイントです。手掛けてきた物件の傾向を探れば、その会社の得手・不得手も浮かび上がってきます。

一店だけでなく、なるべく複数調べることが大事です。それにより、それぞれの専門性がもっとはっきりします。情報を持っておけば、業者とのその後のやり取りでも優位に立って交渉できます。