メールアドレス パスワード
>パスワードを忘れた方はこちら
無料メンバー登録

一般媒介契約ってどんな契約?

複数の不動産会社に依頼できる
マンションを売却しようとする場合、多くの方は不動産会社にその仲介を依頼することになりますね。

このとき、不動産会社とは媒介契約を締結します。これは、後々に起こりうるトラブルを未然に防止するためです。

さて、この媒介契約には3つの種類があるのをご存じでしょうか。その種類とは、一般媒介契約専任媒介契約専属専任媒介契約の3つとなります。

「なんだかよくわからない言葉が並んで難しい」と思われるかも知れませんね。しかし、この契約の種類により、その後のマンション売却の方向性が大きく変わってくるので、事前にそれぞれの特徴をよく理解しておくことが大切です。

簡単にご説明しますと、「複数の不動産会社に依頼できるのが一般媒介契約、依頼する不動産会社は一社のみとなるのが専任媒介契約、または、専属専任媒介契約」です。

では、次に一般媒介契約にした場合の、メリットとデメリットをご紹介しましょう。

窓口が多くなるが、熱心に扱ってもらえない可能性も?
「たくさんの不動産会社に扱ってもらう方が、たくさんの買い手に見てもらえていいのでは?」このように思われる方が多いかも知れませんね。

確かに窓口が多くなるので、多くの買い手の方に知ってもらうチャンスが増えるのが、一般媒介契約のメリットといえます。

しかし、これは売り手から見たときの話。これを不動産会社の立場から考えてみましょう。

売り主が、複数の不動産会社に仲介を依頼している場合、不動産会社からしてみれば「ライバルが存在する」ということになりますね。

一般的な商品(例えばお菓子や文房具など)の場合なら、自社の製品を宣伝して多くの人に知ってもらえば、コストはかかっても自社の売り上げにもつながります。

しかし、マンション売却の場合、売る商品はただひとつの物件です。このひとつしかない物件に多くのコストをかけて宣伝しても、これが他社の仲介で売れてしまっては、全く自分の会社の売り上げにはつながりません。

つまり、不動産会社にとって一般媒介契約は、コストをかけるにはリスクが大きい、ということになるのです。

よく「一般媒介契約にすると、チラシなどでの宣伝を積極的にしてもらえない」などという話を聞くのは、このためなのです。

しかし、一般媒介契約にもメリットはあります。先に、一般媒介契約は不動産会社にとってはライバルが存在することになる、とご紹介しましたね。これがいい方に作用すれば、一般媒介契約の方が売り手にとってもよい、という場合もあります。

このようなかたちになるのは、一般的に売却物件が人気の高い物件であるとき、といわれています。「この物件はいい条件で売れそうだ」と不動産会社が判断すれば、ライバルと競いながら販売活動を積極的に行う可能性が高い、ということです。

また、仲介を依頼する不動産会社が一社のみとなる専任媒介契約、または、専属専任媒介契約では、仲介を依頼した不動産会社への依存度が非常に高くなります。あってほしくないことですが、依頼した不動産会社がよくない会社の場合は、かえってリスクが高まることも考えられるのです。

ここまでご紹介したように、媒介契約にはそれぞれメリット、デメリットが存在します。ご自分のマンションの市場価値や、不動産会社とどのように付き合っていきたいか、といったことをよく考えたうえで、媒介契約の種類を決めることが大切です。