メールアドレス パスワード
>パスワードを忘れた方はこちら
無料メンバー登録

レインズに載せれば高く売れるの?

レインズとは?
まず、レインズ(REINS)とは何なのかについてご説明致しましょう。これは、不動産流近代化センターと当時の建設省(現国土交通省)が共同で開発したシステムで、平成2年から導入されました。

土地や中古物件を売買したい方たちは、不動産業者(宅建業者)に仲介を依頼します。レインズがない頃の物件の検索や買い主を探す方法といえば、店頭掲示、新聞広告、知り合い同士の情報交換くらいでした。想像がつくと思いますが、これらの方法では、ほんの一握りの人にしか情報が伝達されず、しかも遅いです。

不動産売買に昔からついて回ったこれらの欠点を改善するべく、レインズという不動産流通情報システムが誕生しました。これにより、物件を買いたい人はより多くの物件を迅速に検索することができ、売りたい人はより早く買い主を見つけることができるようになりました。

レインズの正式名称は指定流通機構であり、東日本レインズ、中部レインズ、近畿レインズ、西日本レインズと通称名で呼ばれることがほとんどです。また、レインズに集められた不動産情報は、不動産業者にのみ公開されている情報であるため、一般の方はレインズの情報を閲覧することはできません。

ただ、一般の方が相場観を適切に把握し、安心して不動産売買を行えるよう環境整備することは重要です。そこで、RMI(レインズ・マーケット・インフォメーション)というサイトを公開しており、実際に売買された成約価格等の取引情報を検索することができます。

レインズによる売買過程
さて、本題に戻ります。「レインズに載せれば高く売れるの?」ですが、必ずしもそうとは限らない、というのが答えです。

まず、レインズを通してどのように売買が進むか解説致します。その前に、レインズに必ず情報を登録しないといけないという決まりはないということに留意して下さい。

よくあるパターンとして、初めのうちはレインズに登録せず、自社で何とか売ろうとします。なぜなら、不動産売却を依頼された不動産業者自身が買い手をも見つけることができたら、売り手からも買い手からも手数料をとることができるからです。

そして、自社ではどうも買い手を見つけることができないとなった時にレインズに情報を登録する不動産業者が多いです。また、売り主がレインズに登録するよう指示を出し、実際に登録したとしても、買い手側の別の不動産業者から問合せがあっても、「交渉中の物件」といって断ってしまうケースもあるそうです。

売り主として心に留めておかないといけないことは、不動産業者は善意であなたの物件を仲介しているわけではないということです。売却の仲介を通して、できる限り多くの手数料を得ようと行動します。もちろん、ちゃんとレインズに登録し、別の買い手側の不動産業者から問合せがあった時、適切に対応する業者も多いです。ただ、そうでない業者も存在することは認識しておくべきでしょう。

ですので、レインズに登録したことが直接集客に結びつくとは限りません。要は不動産業者の心理と、売買ルールをしっかりと把握し、あなた自身が主体となって行動することが大切です。不動産業者に丸投げしてはいけないのです。

不動産売買のルールを味方につけよう
そうならないために考えられるのが、一つの不動産業者と仲介契約(専任媒介契約)を結ばないという手段が考えられます。逆に、複数の業者と仲介契約を結ぶことを一般媒介契約といいます。

ただし、専任媒介契約には、契約期間中の売却を任されるため広告費を使うなど営業に力を入れやすく、売れやすいというメリットがあります。また、専任も一般も契約は3ヶ月間となっていることも頭に入れておいて下さい。

つまり、専任媒介契約を結ぶのですが、3ヶ月経っても売却が成立しない時は、別の業者と専任契約を結ぶ選択もあるということです。そして、もう一つ。専任媒介契約を結ぶと、不動産業者は2週間に1回以上の状況報告が義務づけられています。

もし、売却がなかなか成立せず、状況報告義務もいい加減だった場合は、契約を打ち切る選択も必要となってきます。誠実な不動産業者なら、状況報告はきちんとしてきますので、そうでない場合は見込み違いであったと判断し、別の不動産業者と専任媒介契約を結び直す方が良いでしょう。

一番基本的なことは、複数の不動産業者に足を運び、営業マンの人柄や社内の雰囲気などを感じ取り、誠意ある不動産業者を見つける手間を惜しまないことです。

タイトルに対する結論をもう一度まとめますと、レインズに登録したからといって、高く売れるとは限りません。不動産業者に丸投げすることなく、不動産売買のルールを把握した上で、主体的に行動することが集客につながります。

(画像はイメージです)