メールアドレス パスワード
>パスワードを忘れた方はこちら
無料メンバー登録

マンションの売却を近所にひた隠しにしたい!墓場まで持って行きたい!

ご近所に知られずにマンションを売却したい
マンションを売却する時、ご近所に知られないように相談したい、という方は以外と多いようです。住みながらのマンション売却だとあまりご近所さんにあまりお家の中を見せたくないという方もいらっしゃいますし、マンションの売却にあたってあまり人に知られたくない理由がある場合もあるでしょう。

ご近所に知られずにマンション売却はできるの?
結論からいうと、ご近所に知られずにマンション売却することは可能です。相談した不動産会社のネットワークを使っての宣伝、広告や、地域を指定してのチラシ配りも可能です。

また事前に不動産会社に相談しておけば、会社の方がお家に来るときに会社名を名乗らずに訪問してくれたりといったことも可能です。その他、その不動産会社が直接買い取ってくれる買取制度がある場合もあります。

ご近所に知られずにマンション売却をする場合のデメリットって?
ご近所に知られずにマンション売却を進める場合には、販売方法を制限するということがそのままデメリットになります。オープンルームなど開催してたくさんの人の目に触れられるように宣伝、広告してもなかなかうまく行かないこともあるのがマンション売却です。その方法を制限するだけ、長期化すると考えたほうが良いでしょう。

また、マンションを購入される方の中には住み慣れた地域に住みたいという方も少なくありません。そういったご近所ならではのニーズに目をつむらなければならないのもデメリットとなります。

その他、気をつけなければならないこと
不動産会社の宣伝、広告方法の一つに不動産流通標準情報システム(レインズ)への登録がありますが、このシステムは不動産会社と専任媒介契約を結ぶと必ず登録しなければなりません。

このシステムに登録すると全国にお家の情報が知れ渡ることになりますのでご近所の方にも知られてしまうかもしれません。レインズに登録したくない場合は不動産会社に依頼を行う際に一般媒介契約を選ぶようにしましょう。

ご近所に知られずにマンションを売却する方法のまとめ
マンション売却の際にはできるだけ多くの人の目に触れるようにするのができるだけ早くうるための方法です。しかし、ご近所に知られずに売却したいという依頼は多いものです。

事前に不動産会社に相談すればほとんどの不動産会社が事情を汲んで売却活動を行ってくれるでしょう。その際の広告、宣伝方法は主にその不動産会社や担当営業マンのネットワークを利用して行われますので、普通の売却方法より会社や担当営業マンをうまく見極める必要があると言えるでしょう。

複数の業者に相談をしてみて、どのような販売活動を行ってくれるか確認してみると良いでしょう。

(画像はイメージです)