メールアドレス パスワード
>パスワードを忘れた方はこちら
無料メンバー登録

売却するマンション、その情報誌に掲載して大丈夫?

売却するマンションを情報誌に掲載する
マンションの売却を検討する際、広告、宣伝方法として物件を住宅情報誌に載せることがあります。これには地域で制作されて本屋に並ぶ住宅情報誌のほか、不動産会社が独自に制作した情報誌などあります。

また、無料のフリーペーパーもあれば有料のものもあります。できるだけ多くの人の目に触れるようにしたほうが成約につながりやすいのがマンション売却です。しかし、住宅情報誌に物件を掲載する時には気をつけなければならないこともあります。

インターネットを利用した広告
住宅情報誌での広告についてお伝えする前に、まずはインターネットを利用した広告について取りあげます。中古マンションの売却にあたってはできるだけ多くの人の目に触れるようにすることと、できるだけ早く買主に情報を届けることが大事です。この両方についてインターネットは非常に相性が良いです。

デメリットとしては、インターネット上の広告では情報が膨大すぎて良い物件もうまく広告しなければ検索されない可能性があることでしょうか。しかし、良い物件であればインターネットに掲載すればすぐに売れてしまうでしょう。

住宅情報誌を利用した広告
住宅情報誌を利用した広告は、現在のようにインターネットの普及した社会であっても一定の需要があります。インターネットを利用した物件検索は情報が膨大すぎて収集が大変ということもあるでしょう。また、ご年配の方などは昔ながらの情報誌を好む傾向もあります。

一般的に住宅情報誌では枠が限られていることや、出版されるまでに時間差があることから、売れ残った物件が掲載されている可能性が高いです。

住宅情報誌に広告を掲載するデメリット
住宅情報誌のデメリットはインターネットと比べて情報が古いことです。また、インターネットでは成約した物件はすぐにデータは消去されますが、住宅情報誌であればずっと情報が残りつづけることになります。ずっと昔の住宅情報誌をみて問い合わせの連絡がくるなんてこともあります。

住宅情報誌には掲載したほうが良い?
重ねてお伝えしますが、マンション売却はできるだけ多くの人の目に触れたほうが成約の可能性は高くなります。可能であればインターネットにも、住宅情報誌にも物件を掲載したほうが良いでしょう。

その際、住宅情報誌への掲載の枠があるはずですので、複数の会社に依頼して多くの住宅情報誌に載せてもらったほうが成約の可能性は高まります。また会社によっては独自に物件を掲載できるサイトをもっていることもあるでしょう。不動産会社に媒介を依頼する際にはどのような方法で広告、宣伝するか聞いてから依頼すると良いでしょう。

(画像はイメージです)


▼外部リンク

スーモマガジン 身近で手軽なフリーペーパー
https://suumo.jp/edit/series/magazine/