メールアドレス パスワード
>パスワードを忘れた方はこちら
無料メンバー登録

専任媒介契約ってどんな契約?

1社の不動産会社に依頼する契約
マンション売却の仲介を不動産会社に依頼する場合、まず媒介契約を結びます。

これは、後に起こりうるトラブルを未然に防ぐための契約で、おろそかにはできない大事な手順です。

さて、この媒介契約には3つの種類があることをご存じでしょうか?この3つの種類とは、一般媒介契約専任媒介契約専任専属媒介契約となります。

この3つの契約の大きな違いは、「仲介を依頼する不動産会社が1社に限定されるか、複数に依頼できるか」という点です。依頼する不動産会社が1社に限定されるのが専任媒介契約、または、専任専属媒介契約、複数に依頼できるのが一般媒介契約です。

また、専任媒介契約と専任専属媒介契約の違いは、「自己発見取引(自分で探した買い手と契約をすること)ができるかどうか」という点と、「不動産会社から受ける販売状況の報告の頻度」です。

専任媒介契約では自己発見取引ができ、報告は2週間に1度、専任専属媒介契約では自己発見取引はできず、報告は1週間に1度となります。

専任媒介契約、専任専属媒介契約のメリット
それでは次に、専任媒介契約、専任専属媒介契約にした場合のメリットについて考えてみましょう。

専任媒介契約、専任専属媒介契約のメリットは、不動産会社が積極的に販売活動を行ってくれる、という点でしょう。

不動産会社の立場から見ると、一般媒介契約の場合、その物件を扱う会社が複数となるわけですから、必ずしも自社での契約が成立するとは限りません。他社での契約が成立してしまった場合、それまでの宣伝費などは全てムダなものとなってしまうリスクがあるのです。

反対に専任媒介契約、専任専属媒介契約の場合は、コストをかけても、積極的な販売活動によって自社の売り上げにつながる可能性が高くなる、というわけです。

また、不動産会社の担当者の心情としても、依頼者の人生を左右するともいえる不動産の売買、自分だけに任されている物件となれば、自然となんとか力になりたい!という気持ちが強くなることもあるでしょう。

また売り主としても、1社に任せることで複数に依頼したときのような複雑な取引(数社から同時に買い手を紹介されてどうするか困った!など)を考えなくてもよい、というメリットがあります。

このように、専任媒介契約、専任専属媒介契約のメリットは、不動産会社と1対1の関係を築くことによって生まれる信頼感、ということができるかもしれません。

専任媒介契約、専任専属媒介契約のデメリット
ここまでに、専任媒介契約、専任専属媒介契約のメリットは不動産会社との信頼感、とご紹介してきました。

しかし、不動産会社との1対1の関係が悪い方向へ働いてしまった場合、これは専任媒介契約、専任専属媒介契約のデメリットにつながります。

もし、契約を結んだ不動産会社が誠意のない会社であった場合、売り主にとって不利な条件での契約を迫られたり、販売活動を積極的に行ってもらえない、といったトラブルが発生する可能性もあります。

このようなトラブルにあわないようにするためには、媒介契約を結ぶ前に、不動産会社の対応や実績などをよく吟味し、大切なマンションの売却を任せることができる会社を選ぶことが大切です。