メールアドレス パスワード
>パスワードを忘れた方はこちら
無料メンバー登録

マンションの価格査定の方法にはどんなものがあるの?

資産の種類によって、査定方法は異なる
マンションの売却には、その評価価格を知る必要があります。それが、市場に売り出す際の目安になるからです。評価方法は次のように3通りあり、それぞれ、異なる資産に用いられます。把握しておきましょう!

1.原価法…同じ不動産を購入すると幾らかかるか割り出し、そこから古くなったり、傷んだりした分を差し引いていく計算法。一戸建ての資産評価に用いることが多い。
2.収益還元法…地代や家賃など、その不動産を持っていることで得られる収益を算出し、それを現在価値に割り引く計算法。アパートなど収益性の高い投資物件の資産評価に用いることが多い。
3.取引事例比較法…対象物件と似たような近隣の取引事例と比較することで不動産の価格を算出していく方法。個人のマンションや一戸建ての資産評価に用いることが多い。

つまり、個人の住居用マンションの売却であれば、3の取引事例比較法に該当することになるのですね。一般的にも、この方法で算出するのがほとんどで、そこに、具体的な部位や設備の評価をしていくのです。

個々の資産によっても、資産価値は変わってくる
住み始めた時には同じ間取りで、同じ設備を有していたとしても、状況によってはその評価も大きく変わってきます。周囲の環境も影響しますし、部屋の階数、住んでいる人の使い方によっても変わります。
たとえば、部屋からの眺望が、住んでいる間に変わったとなれば、それも資産価値に影響します。逆に、周囲が便利になって、思ったより資産価値が上がったなんてこともあるので、案外、見てもらう価値もあるかもしれませんね。そのように、正確に試算してもらうためには、実際に訪問査定してもらう必要があるのです。

査定額に基づいて買い手を探していくこと
また、取引時点によっても資産価値が変わるので要注意です。なぜかというと、不動産市場の相場が一定していないからです。社会的な背景で上昇するときもあれば、運が悪ければ下落する時だってあるのです。取引時期をしっかり見極めることも、マンションの売却には大事なことなのです。
いずれにせよ、信頼できる不動産会社をパートナーに選んで、その局面ごとに相談するのがいいでしょう。最終的に買い手との交渉において価格が変わることもないとは限りません。それに備えて、目安となる金額はきちっと出し、それをもとにしながらなるべく高く売れるよう動くことが大切ですね。