メールアドレス パスワード
>パスワードを忘れた方はこちら
無料メンバー登録

「オープンルーム」について、逆転の発想で考えてみた。

オープンルームについて
マンション売却にあたって、チラシやインターネットで広告、宣伝をして、お問い合わせのあった方をそのつど案内するやり方以外に、週末などにマンションを開放して自由に中を見学できるようにするオープンルームがあります。(中古戸建の場合はオープンハウス)

今回はこのオープンルームの解説にあたって、まずは買い手側からみて印象の良くなかったオープンルームの事例をご紹介します。

家具や小物など生活観を感じすぎてしまうオープンルーム
見学したマンションがあまりにも汚くて買う気をなくしてしまったというもの。現在入居中のマンションを売って、新たにマンションや住宅の購入を検討している方は気を付けたほうが良さそうです。

せっかく間取りや価格、立地を気に入ってマンションまで足を運んでくれたお客様ですから、気に入っていただけるようにきれいにしておきましょう。お風呂やトイレ、収納の中なども見られると思っておきましょう。

家主さんに見られていると買う気がなくなってしまう
これは人によるかもしれませんが、オープンルームにいったら仲介業者以外に、売主である家主さんもいて買う気がなくなってしまった、というケースです。

買い手側はまずはおうちをじっくりと見たいもの。上の失敗例ともかぶりますが、住んでいる人の生活観などはなるべく感じたくないものです。オープンルームの開催を決めたら、前日までに準備を整えておいて、当日は仲介業者に任せるのが良いかもしれません。

そもそもオープンルームって開催したほうが良いの?
オープンルームにはメリットとデメリットがあります。メリットは、チラシをみて不動産業者に電話して案内日を決めるという作業を短縮できるため、気軽にマンションを見学してもらえるという点です。デメリットはその逆で、ご近所の方などあまり買う気のない見学者が集まってしまいやすいということです。

開催時期とタイミング
オープンルームは基本的にはお客様の集まりやすい週末や祝日に開催しましょう。平日に開催しても人は集まりません。

また、オープンルームは売却を検討しはじめたらできるだけ早いタイミングで開催したほうが良いです。一般的なインターネットやチラシによる集客より効率がよいですし、オープンルームを開催してみて、お客様の反応を元に対策を練ることも可能です。

例えば、オープンルームに人が集まらないのであれば、価格が高すぎるのかもしれません。見学者は多いのに全然決まらない場合はマンションの見せ方が良くないのかもしれません。

マンション売却は長期化してしまいがちです。そして、買える人が出てくるまで粘り強く待ち続けるのも大事です。購入希望者が現れたのに見せかたを失敗して売却できなかった、という事態にならないようにしっかりと準備をしておきましょう。

(画像はイメージです)