メールアドレス パスワード
>パスワードを忘れた方はこちら
無料メンバー登録

「即金即売」って何か怪しくない?

即金で売るからには、事情が絡みます
不動産業界では、ふつうに売却を請け負うだけではなく、即金で不動産を買い取るサービスが見られるようになりました。住まいを売却するにあたっては、何らかの売主の事情が絡むこともあります。たとえば、不景気を迎えた「今」だからこそ、早く売らねばというワケアリ物件が増えてきているという事実。

会社の倒産や離婚が手放す原因に
ある売主様は、会社が倒産したため転職した先で大幅な給与ダウンになってしまったそうです。すでに住まいを購入していましたが、支払いの多くは残ったまま。ですが、はじめに設定した月々の返済額はとても払いきれません。やむなく住まいを売却することになりました。しかも、次の住まいに移るための時間も必要なので、すぐに買い取ってもらえることが条件。即金買取サービスを活用しスムーズに売却したそうです。

離婚の増加が関係した事例もあります。結婚してマンションを購入するご夫婦は多いでしょう。その多くは3LDKや4LDKなど将来、家族でも暮らせる広い間取り。しかし、仮に離婚してしまえば、当然一人暮らしをするには広すぎます。ある売主様は、まさにそうした状態になってしまいました。すぐに新たな生活に移りたいという希望もあり、即金での買い取りを求めたそうです。

早く手放したい売主と、安く買いたい業者
このように、即金での買い取りサービスは、生活者の都合やニーズが反映されています。売主にしてみれば、余計な不動産を持っていることで、生活にさらなる負担をかけたくはないのです。だから一刻も早く不動産を処分したい、即金買取のサービスは、そうしたニーズに合致したものなのです。

もちろん、売主側のメリットばかりではありません。考えてもみてください。本来は、長い期間をかけ、腰を据えてでも買い手を探したほうが、よほど高く売却できるに決まっています。しかし、早く買い取って欲しい事情があるから、ムリは言えません。どうしても通常より安く買い叩かれてしまうのです。そして安く買い取られた資産は、不動産業者によって適正に値付けされて転売されます。そう、差額は、すべて仲介業者のふところに落ちます。

買い叩かれないよう、気を付けること
このように、むしろ不動産業者の側にメリットが多いので、「今すぐに処分したい資産はありませんか」と売却を促す営業が多いとも言われます。しかし、売主側から見れば、即金買取は不動産価値をいたずらに下げるもの。緊急事態でない限りは、避けた方が身の為です。足元を見られると買い値を下げられてしまいますから、どんな場合でも安売りはせず、決してこちらの弱みは見せないよう業者と交渉することが大切です。