メールアドレス パスワード
>パスワードを忘れた方はこちら
無料メンバー登録

「抜き」ってなに?マンションの売却に関係あるの?

最近、耳にする「抜き」行為とは?
売主は、マンションの売却を、不動産業者を通して行います。特に信頼できる業者とは専任媒介契約を結びますが、昨今、業者間で「抜き」という行為によるトラブルが発生するようになりました。ちょっと聞き慣れない言葉ですが、どういう行為なのでしょうか?

たとえば、売主が専任媒介契約を結んだ業者からある買主を紹介されたとします。売却額が期待値に近かったこともあり、前向きに話を進めていると、どこで話を聞きつけてきたのか、同じ買主さんなのに先の交渉を上回る値段で売却できると別の業者が持ちかけます。専属の仲介業者を差し置いて契約を結ぶこの行為を「抜き」といいます。

高く売ることが売主の希望でもありますし、業者の言う通りにすれば最初の話はなかったことにできると口説かれれば悪い気はしません。しかし、最初の業者と専任契約を結んでいる場合、違反行為にあたり、違約金を請求されることもあります。

マンション売却の仲介でも増えています
不動産業者も様々で、買い手をたくさん有している業者もおり、売主が依頼する業者はその不動産業者を介して買主を紹介する場合があります。しかし、あくまで売主が不動産を託したのはその間の仲介をする業者ですから、幾らメリットがあってもそこをすっ飛ばして契約するのは悪質です。

昨今は業界自体が不況で競争も激化していますから、たとえ利益が多少減っても価格を釣り下げ、こうした違反行為に手を染める業者がいます。情報端末レインズを活用すれば、誰でも同じ不動産情報を見れますから、他社を出し抜くことも簡単です。それも「抜き」行為を増長させている理由です。

トラブルを避けるには、ルールに従うこと
いずれにせよ「抜き」は違反行為です。住み慣れた我が家を手渡す際にトラブルは無用。後々揉めないためにも、こうした誘いには乗らないことが一番です。もっと高く売れると思ったら専任の業者に直接交渉するのが筋です。

最近では、自ら買い手に直接交渉して仲介業者を「抜く」行為をする悪質な売主もいます。高い違約金を請求されては本末転倒。この場合でも、仲介業者に相談の上、話を進めるべきです。あとは、きちんと仲介業者と交渉し、適切な仲介手数料で収めるのが正しいやり方です。