メールアドレス パスワード
>パスワードを忘れた方はこちら
無料メンバー登録

高く売れた!マンション売却の成功事例!

成功事例から学ぶ
マンションを売却する経験ってなかなかないものです。友人や知人から経験談を聞こうとしてもなかなか聞けません。そんな方のために今回はマンション売却の成功事例をお伝えします。

マンション売却の成功にはさまざまな要因があります。その要因を事例から学んで良い結果が得られるようにしましょう。
成功事例その1
実家の土地に新しく新居を建てようと考えているAさん。いつかは建てなければ、と思っていたのですがずるずると引き延ばしにしてしまっていました。

年末年始にご家族と話し合って現在のマンションを売却することを決意。数社の不動産業者に査定をしてもらいました。現在のマンションは残債があるので売却が決まってからでないと新居を建てられません。Aさんは売却後は仮住まいに住むこととし、早期売却する方針をたてました。

不動産業者の査定ではマンションの価格は1200万円。しかし、周辺のマンションでは同じ価格帯で売れ残っているマンションもあることから、価格を1100万円にして売り出すことにしました。

見学に向けてマンションをぴかぴかに磨き上げたAさん。土日には数組の見学者に案内をして、1カ月後には無事にマンションを売却することに成功しました。

最初の方針決定が成功の決め手
Aさんは最初の段階で早期売却と方針を決めて、価格を相場価格より安く設定したことでわずか1カ月の期間でマンションを売却することができました。

住まいながらのマンション売却は、土日のたびに見学者の対応をするなどなにかと大変です。Aさんの場合、新居が新築なので時間をかけてマンション売却をしたい、と考えてしまいがちですが最初から仮住まいを決めるなど全体のスケジュールを考えたうえでの価格設定が功を奏したようです。

成功事例その2
新しい家族の誕生とともに住まいの買換えを計画したBさん。マンション売却のことなどなにも分からなかったので信頼感のある大手不動産会社に売却を依頼。勧められるままの査定金額で売却を進めました。

売出価格は近辺のマンションと比べても大きな違いはなかったのですが、見学者もあまり多くはありませんでした。3カ月たったころにあまり具体的に動いてくれない不動産業者に不信感を抱いて他の不動産会社へも相談に行ってみました。

いくつかの不動産会社に足を運んだのですが、その中でも特に具体的にアドバイスをいただけた地元の不動産会社に頼んでみることにしました。

それから2週間もしないうちに前の売出し価格と変わらない価格で売ることに成功。担当者の方が言うには独自のネットワークを使って売却を決めてくれたようでした。

不動産会社はよく選びましょう
大手で信頼感があるからといって安易に不動産会社を決めてしまってはいけません。マンション売却は不動産会社によって強い分野や地域があるものです。できれば複数の不動産会社に相談をして、信頼のできる不動産会社に売却を依頼しましょう。

(画像はイメージです)


▼外部リンク

全国宅地建物取引業協会連合会
https://www.zentaku.or.jp/information/list.html