メールアドレス パスワード
>パスワードを忘れた方はこちら
無料メンバー登録

あなたのマンション、どうして売却するの?

目的は明確に!
現在、マンションの売却を検討中の方には、様々な理由があることと思います。

「子どもが生まれて家族が増えて手狭になってきたから」、「転勤で引越しが決まったため」、「親と同居することになった」などなど、ライフスタイルの変化が理由となることも多いでしょう。

また、ご近所トラブルや環境の悪化など、マイナスイメージの伴う理由の場合は、売却にも影響が出ることも少なからず考えられます。

どのような理由にせよ、マンションの売却は「なぜ売却するのか?売却の結果として、どのようなことを望むのか?」という目的をはっきりとさせておくことが、大切です。

それでは次に、実際の事例を見てみましょう。

騒音に耐え切れない
ご近所トラブルで多く見られるのが、騒音問題。小さい子供の足音、ピアノの騒音など、気になりはじめると、かなりのストレスになってしまうこともありますね。

話し合いで解決できればよいのですが、それができなければ売却という手段も仕方ないかもしれません。

また、買い替えをした後の住まいも、理想どおりの環境であるとは限りませんね。「前の方がまだマシだった・・・」ということにならないためにも、本当に売却した方がよいのか、冷静に考えることも必要でしょう。

ローンの返済ができなくなった
経済的状況が悪化してしまい、ローンの返済ができなくなってしまったため、売却せざるを得ない、という理由も考えられます。

このような場合、できるだけ早く売却したい、というのが正直なところでしょう。

ただ、マンションの売却価格は時期によっても差が出てきます。例えば、1~3月ごろは比較的高値で売れることが期待できます。(4月に引越しの需要が高まるので。)

信頼できる不動産会社を見つけ、相談にのってもらいながら、売却を行うといい結果が得られるかもしれませんね。

転勤が決まった
マンション売却の理由として、多く見られる理由のひとつである転勤。転勤が決まってから、実際の引越しまで1カ月もない!ということもありますよね。

でもこんなとき、「早く売却してしまいたい」と焦りは禁物です。立地条件などによっては、賃貸にした方がお得、という場合もあります。売却した場合と、賃貸にした場合のトータルでの利益をシミュレーションしてみるのも、おすすめの方法です。

ここまでに、いくつかのマンション売却の事例をご紹介しましたが、マンションを買い替える場合、新築マンション購入時の「買い取りサービス」を利用する方法もあります。マンションの売却はなかなか買い手が見つからない場合もあり、このようなサービスを利用すると、安心して新居の購入ができますね。