メールアドレス パスワード
>パスワードを忘れた方はこちら
無料メンバー登録

最低限これだけは!マンション売却に必要な基礎知識

まずは、売却に必要な流れを理解しよう
マンションを売却するにはどうしたらよいでしょうか。お客さんが集まるマンション市があるわけではなし、ほとんどの人が誰に相談すればよいか、どこに売り出せばよいか判断できません。右も左も分からないと余計大変そうに感じるかもしれません。しかし、しっかり流れを踏まえれば、案外シンプルなものです。

マンションを売却するまでのステップ
まずはマンション売却の流れを把握しましょう。それが円滑に進めるコツです。おおよそは、下ような流れで進行します。

1.売却価格の目安を決める
周辺の同じような造りの物件から大体の相場観を割り出します。無料査定により見積もりを取るのも賢い手段です。

2.不動産業者に依頼する
物件を売り出して買い手を探すのはプロに頼みます。信頼できる業者と契約を交わして一切を委託します。

3.マンションを売り出す
不動産の情報サイトに出したり、チラシを打ったりと、実行するのは業者ですが、売主はその全般を管理します。

4.売買契約を買い手と結ぶ
後でトラブルにならないよう、欠陥があれば正直に伝え、そのうえで契約を取り交わします。

5.マンションを引き渡す
買い手より代金を受け取り、登記上の変更手続きなどを行います。

売却価格の相場観
様々な条件によって価値が変わるため、不動産価格は一定しません。階数や面積、間取り、保存状態はしかり、土地の形や方角、周囲の環境によっても価格は異なります。多くは、似たような条件の物件と比較しながら価格を査定していく方法を取りますが、とても素人の手には負えません。

WEBサイト上の無料査定などで割り出してもらった金額から判断するのが一番です。できれば複数社に頼んだほうが賢明です。より客観的で、より事実に近い金額を割り出すことができます。

大切なのは、信頼できるパートナー
マンションの売却で実際に動いてもらうのは不動産会社です。彼らが持つ“ノウハウ”がどうしても必要です。たとえば、不動産のネットワークがなければ妥当な買い手も見つかりませんし、契約や引渡しの際の複雑な手続きもできません。強力なパートナーを見つければ、流れを知らなくても安心です。

二人三脚で歩んでいくからには、やはり信頼できる業者でなければなりません。最初に必ず複数社から見積もりを取り、その中からパートナーを選びましょう。たんに高い見積もりを出してくる会社は、契約が欲しいだけのダンピングの場合があるので要注意です。なぜその金額なのかきちんと根拠まで答えてくれた会社こそパートナーにふさわしい相手です。
まずは、コンタクトを取り、相手を見極める機会を設けましょう。