メールアドレス パスワード
>パスワードを忘れた方はこちら
無料メンバー登録

しっかり確認!境界確認!

隣地との境界でトラブルが発生!?
自分の土地の境界、普段気にせずに過ごしていたけれど、土地を売ることになって、隣人とトラブルが発生してしまった・・・。こんなことがおこらないように、しっかりと境界確認をしておきましょう。

土地の境界についてのトラブルは、決して珍しいことではありません。この原因として多いのが「両者の境界に対する認識の違い」です。所有している土地が相続したものである場合など、実は土地の境界ラインをよく知らない、ということも多いのです。

それでは、境界確認はどのようにすればよいのか、もしトラブルが起こってしまった場合はどうすればよいのか、次にご紹介しましょう。

土地の境界を確認
まずは、自分の土地の境界を示す「境界標」を確認しましょう。

境界標は隣地との境界線の目印となるもので、境界の角にあたる場所に設置してあり、これを結ぶことで境界線がわかるようになっているものです。

境界標は、コンクリート杭やプラスチック杭などで作られており、上部が赤く塗られていて十字のマークが記してあります。「そういえば、みたことある!」という方も多いのではないでしょうか?

この境界標がない場合、「地積測量図」で境界を確認することができます。また、土地家屋調査士が、法務局や個人が保管している図面を収集しながら、現況測量を実施し、隣人の境界立会のもとに境界を画定する場合もあります。

調査への立会など、面倒に感じることもあるかもしれませんが、将来家の建て替えや、土地の売却など、「自分の土地の境界がどこなのか」がはっきりしていないと困る状況になることも多く考えられます。ぜひ一度、ご自分の土地の境界について、しっかりと確認しておくことをおすすめします。

裁判をせずに解決!「筆界特定制度」
先にもご紹介しましたが、境界のトラブルの原因に、「両者の境界に対する認識の違い」があります。なぜこのようなことが起こってしまうのでしょうか?

土地の境界には「筆界」と「所有権界」という、2種類の境界があります。

「筆界」は、土地が法務局に初めて登記されたときにその土地の範囲を区画するものとして定められたものです。その後に分筆などの登記手続きにより変更されない限り、所有者同志の合意などでは変更することができません。

一方、「所有権界」は、土地の所有者の権利が及ぶ範囲を示す境界で、所有者同志の間で自由に移動させることができます。

何らかの理由で両者の合意のもとに、所有権界が変更されていたとします。このとき、この変更が相続などのときに明確に伝えられていかなかったらどうでしょうか?ずっと「ここが境界」と思っていたけれど、必要に迫られて公的な文書を調べてみたら違う境界が登記されていた、ということが起こりうるわけです。

こうして境界が不明になってしまった土地を、売買したり家を建て替えたりしようとするときに、筆界をめぐってトラブルが発生することが少なくありません。

このようなトラブルの予防や早期解決のために、「筆界特定制度」という制度があります。

筆界特定制度は、土地の所有者の申請に基づいて、筆界特定登記官が土地の筆界の位置を特定する制度です。この制度を活用することで、筆界を特定するための裁判を行う必要がなくなります。

この制度の申請には手数料がかかりますが、裁判に比べると費用的な負担も少なくすみます。また、訴訟手続きに比べて判断が早期に示されるなど、ぜひ活用したい制度といえるでしょう。