メールアドレス パスワード
>パスワードを忘れた方はこちら
無料メンバー登録

マンションの売却時にはどんな宣伝方法があるの?

マンション売却の広告と宣伝
マンション売却を成功させたければ最初に気をつけなければならないことがあります。それは、売却を依頼する不動産会社がどのような広告、宣伝活動を行ってくれるかです。

マンションの宣伝方法にはチラシによる宣伝や新聞折り込み、住宅情報誌、フリーペーパーなど情報誌への掲載やネットへの掲載、不動産専門の掲載機関であるレインズへの登録や現地看板、電柱に広告を貼る電ビラなどさまざまなものがあります。
インターネットを利用した宣伝方法
現在はネットでマンションの情報を得ている方もたくさんいます。インターネットを使った宣伝方法のメリットはコストをかけずに多くの人に情報を届けることができることでしょう。

一方で近所に知られたくないという要望がある場合には使えない方法です。特にオープンハウスやオープンルームをする場合には近所に知られたくないという要望は強い傾向にあります。その時は地域を絞ったチラシでの宣伝活動など別の方法をお願いしましょう。

チラシや新聞折り込みを利用した宣伝方法
チラシや新聞折り込みで定期的に広告、宣伝活動を行っている不動産会社は安心感もありますし、物件を探している方からみれば問い合わせしやすい方法です。また、年配の方などはまだまだインターネットよりもチラシや新聞折り込みの情報を見るかたが多いようです。

このやり方では配布エリアを選ぶことができるなど柔軟に対応ができるのもメリットです。一方でマンションの特性を把握した配布活動をしなければ宣伝の効果があらわれないこともあります。

不動産会社のネットワークを利用した宣伝方法
不動産会社に売却を依頼した場合、不動産情報専門のレインズというシステムに登録してもらえればその会社以外の多くの不動産会社のもとに情報を届けることができます。

また、よく駅前の不動産会社などでみられるファクトシートというシートを作成してアットホームなどへの掲載をすると、これも加盟店全てにシートが届き、多くの不動産会社に情報を届けることができます。

出回り物件にしてしまわないために
実は良い物件、すぐに売れる物件というのはチラシや新聞折り込み、インターネットなどで一般の人の目に触れる前に売れてしまいます。

あまり良い言い方ではないのですが、チラシやインターネットに掲載されている物件というのは売れ残った物件なのです。さらに、チラシやインターネットに掲載されて数カ月もたってしまうと出回り物件と敬遠されてしまい、売れ残ってしまうという悪循環を生み出すこともあります。

不動産は鮮度が命と言われます。売り出しから早いタイミングで売却できるよう宣伝や広告の方法を担当者としっかり打ち合わせをしましょう。

(画像はイメージです)


▼外部リンク

公益財団法人不動産流通近代化センター レインズとは
http://www.kindaika.jp/chosa/reins/reins