メールアドレス パスワード
>パスワードを忘れた方はこちら
無料メンバー登録

建物状況報告書ってなに?

物件の見えない部分までわかる
「住んでいるマンションがだいぶ古くなってきた。そろそろ修繕の時期かも?!」「中古マンションの購入を検討しているけど、見えない部分がどうなっているのか心配」。

中古物件の購入手続きの際に、「売主は瑕疵担保責任を負わない」という場合があります。「疵担」とはいわゆる欠陥のこと。例えば、シロアリの被害や雨漏りなど、購入後にわかっても売主に修理の請求や、契約解除を求めることができない、ということです。

外観や、部屋の広さなどは物件の見学のときにチェックすることはできても、建物の内部のことは見ただけではわからないだけに、不安になりますよね。

また、マンションの修繕を行う際には、住人の同意が必要となり、主観的な判断だけではなかなか話が進まないことが予想されます。

こんなときに活躍するのが建物状況報告書です。建物状況報告書とは、その名のとおり、建物の状況を知らせてくれるものです。

では、この建物状況報告書、どのような内容が記載されているのか、どのように作成されるのか、ご紹介しましょう。

建物状況報告書の内容
建物状況報告書は、専門の業者が該当の物件に対して調査を行い、その評価が記述されます。調査の範囲は外部仕上げ、内部仕上げ、構造、外構、設備など多岐にわたります。

具体的にどのような観点で評価が行われるのか、次にご紹介しましょう。

外壁面(磁器タイル面)
磁器タイルのひび割れなどをチェック。どの箇所に多く見られるか、剥落の危険性、なども報告されます。

シーリング材(外壁タイル伸縮目地、サッシなど)
シーリング材のひび割れ、防水機能など。

防水面
屋上やバルコニー、外部階段床面、開放老化床面などの防水仕様など。

他にも、様々な観点からの報告が記載され、問題のある箇所の写真などが載せられる場合もあります。

報告書の作成の際には、物件の調査結果のほかに、図書類、修繕更新履歴、管理者ヒアリングなども評価の材料となり、マンションの総合的な状態がわかるようになっています。

マンションの修繕のための調査依頼を行った場合は、修繕更新費用の算出も行ってもらえる業者もあります。修繕更新履歴や建築物診断をもとに算出されるもので、修繕の検討の目安になるでしょう。