メールアドレス パスワード
>パスワードを忘れた方はこちら
無料メンバー登録

害虫にはどのように対応したらいいの?

マンション売却に備えて害虫対策!
マンションの売却を検討中の方、売却がスムーズに進むようにと、水回りや室内のリフォームなどをお考えかもしれませんね。

もちろん、見た目の印象は売却時には大切なポイントですが、害虫対策について少し考えてみませんか?

せっかく手にいれた物件にゴキブリが出現したとしたら、買った方も良い気はしないでしょう。また、シロアリなどの被害はマンション建物の構造自体にも影響が出る場合もありますので、売主側としても注意が必要です。

それでは次に、ゴキブリ、シロアリへの対策方法をご紹介しましょう。

ゴキブリは水回りを重点的に
ゴキブリの侵入経路や発生場所として多いのは、台所やお風呂などの水回りの排水管といわれます。ゴキブリの駆除のための薬品などを置く場合は、水回りに置くことでより高い効果を得ることができます。

それでは駆除するための製品にはどのようなものがあるでしょうか?

まず、ポピュラーなのが「バルサン」ですね。この製品は、殺虫成分のある煙を部屋に行き渡らせ、隠れた害虫を退治します。

この製品は部屋中に煙が蔓延するため、特に小さいお子さんのいらっしゃるご家庭などでは、普段使用するには抵抗がある方も多いかもしれません。そんな方でも、マンション売却のタイミングで、荷物を全て運び出した後に使用すれば安心ですね。

次に、部屋中に煙というのは抵抗がある、という方におすすめなのが、ホウ酸ダンゴやコンバットといったものです。これらは、これを食べたゴキブリの消化器系や呼吸器系に作用して、死滅させるというタイプです。

このタイプのものは、ゴキブリが通りそう場所を特定して置いておくと効果的です。

シロアリ対策、個人?管理組合?
シロアリへの対策の場合、個人で対策するべきなのか、管理組合に任せるべきなのか、迷うところです。

おおまかには、シロアリがマンションの駐車場や地下部分といった共有部分から発生している場合は管理組合、専有部分が原因で発生している場合には個人、といった振り分け方ができるようです。

「シロアリは地面から侵入するのだから、原因はほぼ共有部分にあるのでは?」と考えがちですが、そうとはいえない場合もあります。

それは、シロアリの侵入経路は地面からだけではないからです。いわゆる「羽アリ」というものが外から飛来して、漏水などで湿っている建材に巣を作り始める、という場合もあるのです。

このような場合は、漏水の原因となっている個人が費用を負担しなくてはならないケースも考えられます。

また、シロアリへの対策は、個人で行うのは難しいため、専門の業者などに依頼するのが一般的です。