メールアドレス パスワード
>パスワードを忘れた方はこちら
無料メンバー登録

マンションのセキュリティは良いほうが価値がある?

マンション売却時のポイント、セキュリティシステム
マンションを売却するときのセールスポイントは何でしょうか?立地条件や広さ、築年数はもちろんですが、最近ではセキュリティシステムも見逃せないポイントとなっています。

何かと物騒なニュースを耳にすることも多くなってしまった現代では、セキュリティに関心が集まるのも頷けます。信頼のおけるセキュリティーシステムを持つマンションなら、売却価格も上げられるかもしれませんね。

それでは、マンションのセキュリティシステムにはどのようなものがあるのか、次にご紹介しましょう。

エントランスで不審者をブロック!
最初に防犯のポイントとなるのが、建物のエントランス。来訪者が住人を呼び出すと、住人が家の中のモニターで様子をチェックしてから、オートロックを開錠することができます。

そして、最新式のシステムに負けないくらい頼りになるのが、管理人さん。

小さいお子さんなどが外に飛び出しそうになるところに声をかけてくれたり、「おかえりなさい」の温かいことばが嬉しかったり、人気者の管理人さんがいるマンションも多いのでは?もちろん、不審者に対する声かけなど、防犯にも欠かせない存在です。

また、セキュリティではありませんが、エントランスに宅配ボックスがあれば、家を空けている時間が多いご家庭では、重宝しそうです。

自宅玄関のセキュリティもしっかりと
なんらかの手段で、不審者がエントランスを通過してしまった場合にも、自宅玄関前で再度ブロック。玄関前でインターホンを鳴らすと、住人は家の中のモニターでその状況を確認することができます。

また、「SECOM」や「ALSOK」などのホームセキュリティシステムも力強い味方です。玄関やバルコニーのサッシに取り付けられた防犯センサーで不審者の侵入を察知、24時間態勢で警備員が駆け付けてくれます。

また、最近では玄関の鍵も様々なタイプのものが見られるようになってきています。

「ノンタッチキー」は、触れるだけで開錠することができ、買い物で両手が塞がっているときなどにはとても便利。「カードキー」は、カード型の鍵でドアを開け、鍵穴がないのでピッキング対策に非常に有効です。

バールなどでドアをこじ開けて侵入しようとする不審者に対しては鎌式デットボルトが有効です。施錠すると内臓された鎌式デットボルトが玄関枠にかみ合い、こじ開けにくい構造になっています。

ここまでに、セキュリティシステムについてご紹介しましたが、システムと同じように不審者を排除する効果があるのが、マンションコミュニティの力です。

マンションの住人同士のコミュニケーションがとれていると、不審者は侵入しにくいと言われています。建物の設備だけではなく、このような点にも目を向けることが大切ですね。