メールアドレス パスワード
>パスワードを忘れた方はこちら
無料メンバー登録

増築・改築はしていたほうが、価値はあがる?

マンションの現状によって変わってくる
マンションをなるべく早く、そして、なるべく高く売却したい方々の中には、リフォームをした方が売れやすいのではないかと考える方がおられます。しかし、ちょっと待ってください。リフォームをする前に、知っておいてほしいことがあります。

まず、売りたいマンションの現状として二つに分かれます。まだ売主であるあなたが住んでいる場合と、すでに引っ越して空き部屋になっている場合です。この現状によって、まずは判断が変わってきます。

まだ住んでいるマンションを売却する場合
まだ売主が売却物件に住んでいる場合、リフォームの必要性はないでしょう。それよりも大切なのが、内覧に来てくれた買主候補に、「この人の後に住むのなら、気持ちよく暮らせそう」と思ってもらえるかどうかです。

そのために必要なことは、部屋の掃除と整理整頓でしょう。そして、内覧者に丁寧に接し、物件周辺の情報も含めて、いかに住みやすいかをさりげなくアピールすることです。さりげなくが大切ですよ。

あそこのパン屋さんは美味しいとか、あそこのクリーニング屋のおばちゃんは面白い方だ、なんていう話もできれば尚更良いです。

中古マンションを探している方は、ある程度の汚れは想定内です。ですので、新品同様にリフォームする必要はありません。それよりも、買主がリフォーム費用の足しになるような値下げをしてあげた方が喜ばれるでしょう。

ただし、破れた障子を直したり、穴が空いた部分をふさぐといった最低限の補修は必要でしょう。

増築や改築は買主が喜ぶか?
マンションにおける増築は、買主が喜ぶかどうかというより、違法でないかが重要です。もし違法な増築であった場合、資産価値が上がるどころか、大幅に下がってしまいます。

リビングの隣の部屋を壊して、広いリビングにするといった改築はどうでしょうか?これも必要ありません。なぜなら、住むのは買主だからです。

売主の意向で改築するよりも、買主自身が住みやすい間取りになるよう改築やリフォームを行う方が、喜ばれます。

よって、売主がまだ住んでいる場合の増築、改築、リフォームは必要ないということが言えそうです。それよりも、買主に自由にやってもらいましょう。

空き部屋になっている場合
問題は空き部屋になっている場合です。空き部屋になると、家の痛みは激しくなります。湿気もたまりやすく、壁や天井にカビが生えてしまうこともよくあります。そうなると、ますます売れなくなるという悪循環に陥ってしまいます。

こんなときはどうすれば良いでしょうか?答えは、家の痛み具合によります。天井や壁に、ドス黒いカビが広範囲にある場合、板を張り直すなどのリフォームは必要かもしれません。

昭和の古き良き面影を残したお風呂場だったら、どうでしょうか?

しかし、買主によっては、そんなことは自分でやるから、その分を値下げしてほしいと思うかもしれません。

あなたの物件を探している買主層を把握する
重要なことは、あなたの物件に興味をもっている人たちは、どのような層で、どのようなニーズを持っているかを把握した上で判断することです。

問い合わせがあったり、内覧に来た人たちに家族連れが多いのか、シニア層が多いのか、一人暮らしのビジネスマンが多いのかを把握しましょう。

例えばシニア層が多いなら、お風呂はちょっと高価なものに交換しておこうといった効果的な判断ができます。その辺りは、不動産業者と相談しながら決めていきましょう。

増築、改築、リフォームによって資産性を高めたとしても、その価値を判断するのは買主です。買主によっては、資産性よりも値下げの方が嬉しい場合もあります。

以上を踏まえた上で、資産性を高めるためのアクションを起こすか否か、考えてくださいね。

(画像はイメージです)