メールアドレス パスワード
>パスワードを忘れた方はこちら
無料メンバー登録

駅からの距離は近いほうが売却には有利?

資産価値が高い条件とは?
マンションを売却しようとしたとき、価格設定はどれ位にすればよいのか、判断に迷うところです。

部屋の広さ、建物の築年数など、価格を決めるポイントは様々ですが、そのなかでも大きなポイントとなるのが、立地条件です。

マンションの資産価値は「駅からの距離」が重要なポイント。いわゆる「駅近」の物件は、他が同じ条件であるなら、価格は高くなります。

他にも広域的な立地条件として、首都圏からの距離もポイントとなりますが、都心郊外の場合、価格は一般的には
「1~2駅都心から遠いが駅近物件」>「駅は都心に近いが、徒歩10分以上の物件」
という式が成り立ちます。

駅からの距離と価格の関係
それでは、駅からの距離と価格の関係はどのようになっているでしょうか?

判断の目安としては、「徒歩10分以内」であるかどうかがポイントとなります。他が同じ条件の物件なら、駅までの距離が徒歩6分以内の物件の価格を基準として、3分以内なら+5%、10分以内だと-5%、15分以内になると-13%になる、というデータもあります。

ここまでに、駅からの距離と価格の関係をご説明しました。では、「駅近物件」とは徒歩何分以内までを指すとお思いになりますか?

これは、その時代の雰囲気や購入者の価値観によって左右されますが、現在では「駅近」をセールスポイントとして挙げられるのは、徒歩5分以内の物件のようです。徒歩10分以内なら「徒歩圏」、徒歩15分を超えると「徒歩圏」とは言いづらくなるでしょう。

「駅近物件」以外は安値でもしょうがない??
それでは、売却を考えている物件がいわゆる「駅近」物件でなければ、売却価格が安くても諦めるしかないのでしょうか?

答えはNOです。確かに一般的には駅から近い物件の方が有利ですが、その地域によって駅から遠くても人気のある地区、マンションというものがあります。例えば「環境がよい」「人気の学区である」「マンションの管理組合がしっかりしている」といった条件があれば、これは大きなセールスポイントとなります。

また、「今後、新線や新駅ができる」「相互乗り入れや延伸が予定されている」という場合も、将来性が期待できます。

こういった情報には、大手不動産業者よりも、地元の不動産業者の方が詳しい場合もあります。マンション売却の際には、複数の不動産業者に相談をしてみることがお勧めです。