メールアドレス パスワード
>パスワードを忘れた方はこちら
無料メンバー登録

マンション売却時におすすめな不動産会社との契約形態は?

契約形態は、一つではありません
マンションの売却時には不動産会社との間で媒介契約を交わすのが一般的です。自分の大切な資産を任せる訳ですから、どんな契約形態があるのか知っておくべきでしょう。媒介契約の形態は大きくは二つ。専任で一社に託すものと、複数の会社にオープンで探してもらうものです。ここが運命の分かれ道ですから、しっかり理解しましょう。

専任契約で、集中して働いてもらう
〇専任媒介契約
専任で一社に託すものを、専任媒介契約といいます。専任となるので、その分サポートも手厚くなります。不動産情報を扱うネットワークシステムREINSには媒介契約成立から一週間以内に必ず登録し、最低でも2週間に一度は状況を必ず売主に報告する義務があります。

〇専属専任媒介契約
専任媒介契約をさらに手厚くしたのが専属専任媒介契約です。この契約の場合はREINSへの登録が契約から5日以内と短縮され、売主への報告は最低でも一週間に一度とさらに細かになります。どちらの契約も3カ月という期限がありますから不動産会社も一生懸命販売活動をしてくれます。この手厚さこそ、専任で業者と契約するメリットです。

大抵の不動産会社は、確実な収入にあり付ける専任での契約を取ろうとします。「ぜひ我が社に」というわけです。しかし、中には悪質な業者もいるので気を付けましょう。REINSでの情報提供を渋り、都合のいい買い手を選ぶなど物件を一人占めしようとします。このような好き勝手をやらせないためにも、契約したら、事あるごとにしっかりと手綱を引くことが大事です。足元を見てくるようなことがあったら「期限である3ヶ月後の契約の見直し」をちらつかせること。相手も手数料が欲しいですから、こっちが本気だと見せることが大事です。

一社だけに任せず、自分のペースで
〇一般媒介契約
専任の契約の場合は業者のサポートも手厚いですが、任せっきりだと逆にいい様に使われてしまう危険性もあります。このように一社だけに任せるのは不安だという方には、複数の業者に依頼する一般媒介契約も選択肢の一つ。自分のペースで買い手を探すことができ、無理に不動産会社を通して契約する必要もありません。ただし、業者が本気になってくれないデメリットがあるのも事実。専任してくれる売主に良い情報が集まるのは当然ですし、さらにこの契約の場合はREINSへの登録義務もありません。

都合によって、契約も戦略的に
大雑把に分けるなら、なるべく早く買い手を見つけたい場合は専任媒介契約や専属専任媒介契約を結んでプロの情報力を短期集中でフル回転すべきでしょう。そうではなく、時間をたっぷりかけてもなるべく納得できる条件で売却したい場合は一般媒介契約を結ぶべきかもしれません。しかし、どちらの契約形態をとるかは売主の手に委ねられています。契約を途中で切り替えることも視野に入れた戦略的な判断が求められます。