メールアドレス パスワード
>パスワードを忘れた方はこちら
無料メンバー登録

中古マンションの仲介業者を選ぶためには?

大きな投資だから、信頼できる仲介業者を
大切な時間を過ごした住まいを売却することは、誰にとっても大きな決断です。仲介業者を頼むなら、ちゃんとしたところに頼みたいものです。

業者に払う手数料だってばかにはなりません。物件価格の3%に6万円を加えるのが相場ですから、仮に3,000万円の物件の場合は96万円になる計算です。決して安い投資ではないはずです。「選ぶなら、きちんとした業者を」と考えるのはなおさらの事ですね。

中古マンション売買が得意なところを
仲介業者を選ぶポイントは、まず、その会社の得手・不得手を把握すること。不動産業者には、新築マンションを中心に取り扱っているところ、一戸建てや土地の売買が本業のところといった具合に必ず特色があります。

ですから、その中から中古マンションの売買が得意なところを選ぶことが大切です。売買のやり方に精通しているはずですし、業界間の調整や橋渡しにも顔が利きます。情報が円滑にやり取りでき、進め方にも圧倒的な差が出ます。インターネットで実績が調べられますから、まずはその部分を確認して業者を絞りましょう。

業者を選別したら、次のポイントはその業者がパートナーとしてふさわしいかどうかの判断です。ここが重要で、中には物件を囲い込み、売主と買い手の両方から手数料を取る悪質な物上げ業者もいます。

自分のために本当に親身になってくれる業者を選ぶことが、売買契約をうまく進める秘訣です。では、業者をどのように見極めていけばよいのでしょうか?業者を見極める5箇条をあげてみました。これを基準にすれば、売却を手助けしてくれるパートナーをきっと見つけ出せます。

業者を見極めるための5箇条
□其の一 複数の会社から見積もりを取ること
相手も接客のプロですから、マンツーマンでやり取りしているといつの間にか契約に持ち込まれてしまうこともあります。なるべく多くの会社から見積もりを取り、それぞれの価格差を尋ねるなどしてサービスの違いまで確認していきましょう。

□其ノ二 高い見積もりには気を付けること
高い見積もりを出されたら願ったり適ったりですが、専任で契約を取りたいだけの方便の場合が多いです。突出して高い見積もりを出してきた業者には、まず要注意です。

□其の参 直接、問い合わせて相性を探ること
いいなと思った業者には直接問い合わせて話を聞いてみましょう。質問にきちんと応えてくれるか、話し方が丁寧かどうか、親身に取り扱ってくれるか実際に分かります。この時、リスクやデメリットまで説明してくれるかどうかもポイントです。

□其の四 情報収集能力や実績があること
実際の力を図るためには、ここがポイントです。契約してから3ヶ月の間、実際にどんなサポートをしてもらえるか具体的に聞くべきです。情報をどのように集めるのか、チラシなどの広告の実績はあるか、その辺を中心に尋ねましょう。

□其の五 アフターサービスまでしっかりしていること
売却して「ハイおしまい」ではなく、引き渡してからも相談に乗ってくれるところを選びましょう。引き渡し後も、買い手が設備の補修・交換を求めてくることがあります。アフターサービスがあれば、トラブルも未然に防げます。