メールアドレス パスワード
>パスワードを忘れた方はこちら
無料メンバー登録

不動産会社にはどんな種類があるの?

不動産会社も、セクションによってさまざま
不動産会社と呼ばれる会社は一つではありません。幾つもの種類の会社が存在します。不動産を動かす“始めから終わり”まで、それらすべてに関わる会社をひっくるめて不動産会社と呼んでいるだけです。担当するセクションによって役割も仕事ぶりもまったく異なるのです。

たとえば不動産の始めの部分に位置するのは開発・分譲を担う、いわゆるディベロッパーと呼ばれる不動産会社です。そしてその物件の販売を専門に担う販売代理と呼ばれる不動産会社もあります。これらは事業性の高いものを扱う物件に多く、大抵は大手の不動産会社が担っています。

そうした事業性の高い物件とは別に、個人を中心とした物件の仲介をする媒介業者という不動産会社もあります。さらに引き渡された物件の管理を専門とする不動産会社も存在します。始めがあれば、これが終わりの部分を担う不動産会社になるでしょうか。そう、ひと口に不動産会社と言っても、その売買の流れの中でどの部分を担うかにより業態も違ってくるのです。

個人の不動産売買を担う媒介業者の実情
個人の不動産の売買契約を結ぶのは、先述した通り、媒介業者と呼ばれる不動産会社。ここが、売主の希望に添った買い主を探してくるわけです。信頼できる媒介業者ならば、より希望に近い金額で早期のうちに見つけてきてくれるでしょう。ところが、ここで「待った!」がかかることがままあります。すべての媒介業者が、決して売主の希望に添ってくれるわけではないからです。

契約形態にも寄りますが、一般媒介契約した場合には、売主ではなく、買い手の思惑を重視する業者に当たることも多くなります。売主に近い元付業者だけでなく、買い主を付けるのに腐心する客付け業者が存在するからです。これらがそれぞれの利害を図りながらバランスよく取り引きしてくれれば問題はありませんが、売主と買い手の間に入ることで自らの利益を推し量ろうとする業者も出てきます。それを物上げ業者といいます。

なるべく複数の業者の中から選定すること
物上げ業者という媒介業者は、極端に言えば、売主の事情に合わせてその物件を条件良く取り込み、利益を上げることを狙いとしています。その逆もしかり。とにかく、上手く間に立つことで利益を得ようとしているのです。結果的にはどちらの顔も立てることになるので問題はありませんが、やはり売主の利益を最大化することには繋がらないかもしれません。

こうならないよう、やはり親身になってくれる会社を見つけ出し、専任媒介契約を結ぶことがもっとも近道ではないでしょうか。こちらの希望に複数の業者が答える一括査定というものもあります。これなら、希望に近い業者を選定できますし、その中から幾つかに絞って直接話を聞くこともできます。本当に信頼できる会社或いは担当営業を見つけ出すことが簡単にできます。ちょっと手間がかかることかもしれませんが、初めが肝心。後々スムーズに売買契約が結べるよう“選考”という入口にも力をかけましょう。