メールアドレス パスワード
>パスワードを忘れた方はこちら
無料メンバー登録

マンションの「分譲業者」って何?

マンションに関わる業者
マンションに関わる業者は大きく4種類あります。分譲業者、建設業者、販売・仲介業者、管理業者です。マンション開発という大規模なものであるほど、役割を分担して開発と運営を行っていきます。今回は、マンションの分譲業者に的を絞って解説していきます。

マンション建設の最初の一歩を担当するのが分譲業者です。マンションの分譲業者は、デベロッパーの一種であり、土地の開発業者であり、マンションデベロッパーと言い換えることができます。マンションの販売や管理者という役割よりも、売り主や事業主という立場にあります。

分譲業者は、取得した用地の不動産価値を高めるために開発を行い、直接エンドユーザーであるマンション購入者に販売するか、子会社や販売会社に販売を委託します。

マンション分譲業者の大手7社は、住友不動産、大京、東急不動産、東京建物、野村不動産、三井不動産レジデンシャル、三菱地所レジデンスであり、メジャーセブンと呼ばれています。

建売業者とは
一方、建売業者とは、土地と住宅を一緒に販売する分譲業者のことを言います。エンドユーザーにとっては一戸建ての建売業者が一般的ですが、マンション一棟の建売も存在しますので、不動産投資をされる方にとっては、マンションの建売業者も知っておく必要があるでしょう。

建売業者の販売方法には大きく分けて完成売りと、青田(あおた)売りの2種類があります。完成売りとは、業者の企画・規格で建物を建ててから販売する方法です。青田売りとは、更地の状態か基礎部分だけを作った状態で販売し、契約後に建築を販売する方法です。

分譲マンションに投資する際に見ておきたいこと
不動産投資家にとって、最も大切なことはより多くの利益を得ることであり、そのために最も回避したいリスクが、空室、もしくは保有物件に対する空室率の悪化です。

空室率悪化のリスクを避けるためには、商業施設やファミリー向け分譲マンションへの投資といった、あまり引っ越しをしない層へ賃貸することが賢い選択となってきます。

ただ、商業施設に対して個人が投資するためには莫大な資金が必要となるため、個人投資家にとっては分譲マンションへの投資が空室率リスクを回避するという意味では有効とされています。

また、分譲マンションへの投資は、一棟すべてを所有する方法と、一室以上を保有する区分所有という方法があります。分譲マンションよりも少額の資金で不動産投資しようとするのなら、ワンルームマンションということになりますが、分譲マンションよりも出入りが激しいことは想像に難くないです。

分譲マンションの個性を把握する
分譲マンションを投資対象にすると選択した不動産投資家にとって、信頼できる分譲業者を選ぶことは、リスク回避という点で重要なことです。

例えば、新築マンションの人気ブランドというものがあり、2014年に発表された人気ブランド第一位は、三井不動産レジデンシャルの「パークマンション」です。

パークマンションのコンセプトは、「都心の一等地に、日本が世界に誇れる最高級のマンションを。」です。このようなブランドマンションは、売却するときにも有利です。ただし、とても高価です。

そこまで資金を出せないという投資家でも、どのようなリスクを回避したいかによって、各分譲業者の評価一覧をもって比較することは有意義と言えます。

値下がり率や空室率が低いとか、居住者の満足度が高いといった分譲業者それぞれの個性を知っておくことは、どのようなリスクが起こりやすいのかを把握する上で大切なこととなってきます。

分譲マンションに投資する際は、分譲業者の評価チェックを忘れずに行って下さい。

(画像はイメージです)