メールアドレス パスワード
>パスワードを忘れた方はこちら
無料メンバー登録

売り出し価格は変更できるの?

最初から戦略をもつことが大切
マンションを売却する売り主が最も願うことは、「高く売れる」ことと、「早く売れる」ことですよね。しかし、あまりにも相場とかけ離れた売り出し価格ではなかなか売れないという現実があります。もちろん、それでもパッと売れてしまうこともありますが、運次第ですね。

そんな運に任せられるくらい時間に余裕があるなら良いですが、大抵の場合は今のマンションを売って住み替える計画がある、といったある程度時間に制約のある場合が多いかと思います。

このような場合、最初につけた価格で反応があまりなかった時、やはり売り出し価格を下げるということが必要となってきます。しかし、価格を下げる時でもしっかりと戦略を持っていないと、気づけばかなり低い価格で手放してしまう恐れがあります。

では、どのような戦略を持つべきか、解説致しましょう。

不動産屋の性格と信頼度をさぐる
最初の売り出し価格ですが、やはりいろいろな不動産屋に査定してもらうことが大切です。ただし、この時に分かることは、マンション売却の適正価格ではありません。それぞれの不動産屋の性格と、信頼できる業者であるかを知ることができるだけだと理解して下さい。

不動産の査定といっても、百万単位で査定額が変わってきたりします。なぜかというと、査定する不動産屋の性格によって高くも低くもなるからです。楽観的な不動産屋は、これくらいで売りたいなという高い値段をつけます。慎重派な不動産屋は、現実的に売れるであろう値段を提示してきます。

では、どのような性格の不動産屋を選ぶべきでしょうか?それは、売り出そうとしている物件の地域での、物件総数と購入希望者数の割合が一つ影響してきます。つまり、競合する物件数が購入希望者数よりも少ないのなら、売れる可能性は高いので、「売りやすい物件」ということになります。

逆に、競合する物件数の方が購入希望者数よりも多いと、競争が激しいので「売りづらい物件」ということになります。まずはここを調査しましょう。いろいろな不動産屋を回る時に、この点を聞いておくと良いでしょう。

最初の売り出し価格で売れなかったときの対策を立てておく
次に、売り主であるあなたが、いつまでに物件を売却したいのかが重要です。特に急ぐ必要がないのか、それともいつまでに売れないと困るという事情があるのかによって、売り出し価格や売れなかった時の値下げ方法が変わってきます。

まず、競合する物件数よりも購入希望者が多く、売却を急ぐ必要がないのなら、高めの査定をしてくれる不動産屋を選択することも一案です。ただし、売り出し価格は売り主であるあなたが決めることですので、高めの査定をしてくれるけれども、どうも信用できないという不動産屋は避けた方が良いでしょう。信頼できる不動産屋であることが前提です。

問題は、競合する物件が購入希望者数よりも多く、なるべく早く売りたい場合です。まずは、信頼できる不動産屋の査定額と、あなたが売りたい希望額を見比べて、売り出し価格を決めます。同時に、値下げする時の最低ラインと期間を計画しておきます。例えば、1年以内に売れなかったら、この値段で確実に売却する、といったようにです。

その間に、何度か値下げをして様子を見ることも方法ですが、値下げをする回数はなるべく少ない方が良いでしょう。なぜなら、今の購入希望者はかなり物件内容と価格についての学習をして購入に臨んでいます。つまり、あなたがいついつにどれだけ値下げをしたのかということは、希望購入者に把握されていると考えた方が良いです。

その状況で何度も少しずつ値段を下げると、「まだ下がるのではないか」という心理が働いてしまい、結局最低ラインでも売却できないという事態に陥ってしまうことが多いようです。

値下げは1~2回にとどめ、内覧の反応を見極めよう
よって、競合する物件数と購入希望者数、競合する物件の価格帯、あなたがいつまでに売却したいのかという期間、信頼できる不動産屋の査定額を天秤にかけて、あなた自身が売り出し価格を決めます。

そして同時に、売り出す期間と、その期間を過ぎても売れなかった時の最低価格を決めておきます。その間に、様子を見ながら1~2回値下げをしてみるのも良いと思います。様子を見るとは、内覧に来る購入希望者の数と反応です。この値段にすると、内覧数や内覧した時の反応が良いというのなら、その値段でじっくり待ってみると良いでしょう。

(画像はイメージです)