メールアドレス パスワード
>パスワードを忘れた方はこちら
無料メンバー登録

駐車場があると売却価格は高くなる?

ファミリー世帯にとって、車は必須アイテム
郊外に大きくて魅力的なショッピングモールは、週末お出かけのテッパンとなって久しいです。よって、特にファミリー世帯には、車の所有はもはや当たり前となっています。

そのため、ファミリータイプのマンションを売却しようとしている方にとって、駐車場がついているかどうかという条件は、人気が集まりやすいという点で、価格や売却できるスピードに影響を及ぼす重要事項と言えます。

また、どのようなタイプの駐車場であるのかも、買主にとっては関心事ですので、ポイントを押さえておきましょう。

マンション駐車場の種類
まず、マンションにおける駐車場の種類と特性を整理しておきましょう。

平置き駐車場(もしくは平面駐車場)は、車道と同じ高さにあって、そのまま停められる駐車場のことをいいます。屋根がある場合も同じ平置き駐車場です。

平置き駐車場
平置き駐車場のメリットは、使い勝手が良いことでしょう。いくつもの急な坂を上らないといけない立体駐車場よりも、アプローチが楽です。

デメリットとしては、マンション戸数分の駐車台数を確保しづらく、運悪く抽選からもれてしまった方は、近隣の駐車場に停めないといけないというリスクがあります。

立体駐車場
平置き駐車場と反対に、立体駐車場はアプローチが面倒ですが、駐車スペースを確保しやすく、全戸分をまかないやすいというメリットがあります。

ただし、建設コストがかかりますので、マンション価格に上乗せされます。余談ですが、駐車場代が破格に安いマンションがたまにありますが、マンション価格に上乗せされているだけですので、冷静に判断して下さい。

立体駐車場には、自走式と機械式があります。自走式とは、ショッピングセンターの駐車場によくあるタイプの立体駐車場です。

一方機械式とは、都会によくあるタイプで、タワー内や地上、地下に車を上下させ、エレベーター方式で出入庫します。

機械式のメリットには、平置きや自走式と比べて駐車場代が安い、いたずらや盗難を防ぐことができるという点があります。

機械式のデメリットは、出入庫に時間がかかることです。暑いとき、寒いとき、雨が降っているときなど、特に不便を感じるでしょう。

以上、マンション駐車場のタイプと長所短所について説明しました。それぞれの特性を把握し、効果的に買主へアピールしたいですね。

売却時、駐車場の扱いには要注意
次に、マンション売却にともなう、駐車場の扱い方についてご説明いたします。この認識を間違うと、思わぬトラブルへと発展しかねませんので、しっかりと押さえておきましょう。

まず、ありがちな間違いとして、「マンションを売却すれば駐車場も一緒についてくる」という誤解があります。売主が使っていた駐車場を、そのまま買主に使ってもらえばいいと安易に考えてはいけません。

もし、駐車場部分が共有スペースであった場合、マンション売却とともに駐車場の使用権はマンション管理組合に移ります。ですので、買主が駐車場を借りたい場合は、管理組合に一から申請しなくてはいけません。

つまり、他に空きを待っている住人がいた場合、買主がそのまま駐車場を借りることはできません。この点を押さえておかないと、トラブルになりかねないのは想像できますね。

ですので、あなたが借りている駐車場が共有スペース扱いなのかを調べ、買主に伝えておく必要があります。もしも駐車場に十分な空きがある時は、売却の話がスムーズにいきやすいので、価格交渉の点でも有利です。

駐車場の使用権付きの場合
また、マンション所有者が駐車場の使用権も持っている場合があります。この場合は、あなたがマンションを購入した時にその分が価格に反映されていますので、部屋部分とは別に駐車場の価格を上乗せします。

駐車場の使用権がついているかどうかで、同じマンションでも価格が異なってきます。例えば、「○○号室はうちよりも安いですが、駐車場の使用権がありません。駐車場が必要なら、うちの部屋がオススメですよ。」と言えます。この点も買主に説明しておくと、高く早く売れる可能性がでてきますね。

(画像はイメージです)