メールアドレス パスワード
>パスワードを忘れた方はこちら
無料メンバー登録

中古マンションの相場はどうやったら分かるの?

中古マンション売却時のポイントとなる「相場」
中古マンションの売却を考えている方、「どのくらいで売れるの?」などなど、疑問に思うことが多いですよね。

このようなことで迷ったとき、中古マンションの「相場」を知っておくと、役に立ちます。

中古マンションの相場は、立地条件、広さ、建物の年数、周囲に新築マンションができたなど、様々な条件によって常に変動しています。古い相場を念頭においてしまうと、買い手を見つけることはできませんね。

それでは、相場の動向をつかむには、どのような方法があるでしょうか。次に調べ方をご紹介しましょう。

レインズ・マーケット・インフォメーションを活用しよう!
査定を行ってもらう前に、だいたいの相場をつかんでおきたい!こんなとき、インターネットサイトが役に立ちます。

相場の動向をつかむのに、役にたつサイトに「レインズ・マーケット・インフォメーション」(以下REINS)があります。

REINSは、国土交通省が開発を進め2007年に稼働を開始した、不動産取引公開サイトです。このサイトで公開される不動産取引価格は、国土交通省に指定を受けた流通機構が運営するシステムに集められた情報を元にしています。

情報の検索は、調べたい地域の他に、「駅からの距離」「間取り」「建物の築年数」など、様々な条件を指定して行うことができます。

検索の結果は、「直近1年の取引情報グラフ」として、横軸に築年、縦軸に平米単価をとって表示されています。築年は30年以上前のものから表示されているので、中古の相場も一目でわかるようになっています。

また、国土交通省が公表している不動産情報には、「不動産価格指数」というものもあります。これは、2008年度の平均値を100として指数化された情報が、全国・9ブロック別・3大都市圏別といった大きなまとまりで公表されています。

様々な情報をキャッチできるインターネット広告
インターネットサイトには、ここまでにご紹介したREINS、不動産価格指数の他にも、中古マンションの相場をキャッチできる方法があります。

これは大きく「インターネット広告」と呼ばれるもので、ウェブサイトやメールを使用して、企業が行う宣伝活動のことです。広告を確認することで、物件がどのくらいの価格で売られているのかをチェックすることができます。

大手不動産から地域の不動産会社まで、多くの企業がインターネットサイトで中古物件の情報を出しています。探すときのキーワードも、企業によって工夫が凝らされていて、こだわりの条件で検索することもできます。

マンションの売却は、これらの情報を駆使して、成功させましょう!

(画像はイメージです)


▼外部リンク

レインズ・マーケット・インフォメーション
http://www.contract.reins.or.jp/