メールアドレス パスワード
>パスワードを忘れた方はこちら
無料メンバー登録

マンション売却時の価格交渉!どうすればうまく進むの?

マンション売却時の価格交渉
マンション売却には価格交渉がつきものです。売主は、物件の査定を不動産業者に依頼して、査定結果がでると、その査定結果を参考に、成約価格を見込んだ価格設定をします。つまり、値引きを見越して高く売買価格を設定します。

買主は、基本的には値引き交渉をしてくると考えておきましょう。今回はマンション売却における価格交渉の流れについてご説明します。

マンション売却の流れ
マンション売却は
1.マンションの価格査定を不動産業者に依頼する。
2.不動産業者の査定結果をもとに売買価格を設定する。
3.売買価格が決まったら売出し開始。
4.売れない期間が続くと値下げをする必要がある。
5.購入希望者があらわれると値下げ交渉の可能性がある。
6.契約金額がまとまれば手付金を入金してもらい契約
7.残金を入金後お引渡しという流れになります。

今回は特に2.の価格設定4.売れない期間の値下げ5.購入希望者の価格交渉について取り上げてみたいと思います。

査定結果をもとにした価格設定
マンション売却時には、複数の不動産会社に物件の査定を依頼するのが鉄則です。まず査定をしてもらわないことには相場が分かりません。また、不動産業者はあなたが複数の業者に査定を依頼していることを見越して、相場よりも高い価格設定をしてくることがあります。

そういったことを理解した上で、複数の業者からの査定価格をもとに売出価格を決めましょう。また売出価格を決める際にはどのくらいの期間で売りたいのかも重要です。

なるべく早く売りたいのであれば査定価格より安めで売り出せば売れる可能性は高まりますが、ある程度余裕がある場合には、値引きを考慮して高めに価格を設定するのが良いです。

ほとんどのマンションは価格を安くすれば売れます。売出してすぐに売れてしまったマンションはある意味で価格設定を間違えたとも言えます。また、売出価格を決める時はマンションの補修費用がいくらかかるかも考慮しましょう。

売出後の値下げ戦略
マンションの購入希望者は、複数の候補の中から最終的に購入するマンションを決めます。立地や間取りも大切ですが、価格は最も関心の高い要素の一つです。

また、長く売れ残ったマンションは買主がつきにくくなります。1カ月ごとに50万円ずつ値下げするなど、値下げ戦略を練っておくと良いでしょう。

半年後までに売りたいのであれば希望価格より150~200万円程度高めに売買価格を設定するなど、値下げを考慮した価格設定をしましょう。

購入希望者は決まった後の価格交渉
マンションを売りに出し、広告を見て気に入った方が現れると、いくらで買いたいかを記載した申込書を受け取ることになります。それに対してあなたはいくらなら売りますという回答をすることになります。

購入希望者はこの時基本的に値引き交渉をしてくると考えておきましょう。あなたはいくらなら売るのか、いつまでに売りたいのかをはっきりとさせておいて慎重に回答するようにしましょう。

(画像はイメージです)