メールアドレス パスワード
>パスワードを忘れた方はこちら
無料メンバー登録

マンションの売主が、内覧時にするべき対応は?

お客様が実際に確認をする重要な日
内覧会とは、売却するマンションに関心を持ったお客様が実際に訪れる日です。気に入ってもらったらそのまま契約まで話が進むかもしれない重要な局面です。売主さんは襟首を整えて臨まなくてはいけませんね。
とくに最近の買主さんは抜け目がなく、専門家を携えて査定を行う方もいらっしゃいます。瑕疵が見つかった場合、資産価値が下がってしまうので要注意です。

目に見えない部分も査定してもらう
マンションの売却には、資産価値をざっと出してもらう机上査定と内部まで調べる訪問査定の両方があります。大抵は、まず市場の反応をみるために机上査定のみで売り出してしまうのがほとんどではないでしょうか?
「天井や壁はどうなっているか、水回りを始め配管はどうなっているのか」など目に見えない部分までチェックしきれていないことが多いので、古いマンションはなおさら、内覧会までに訪問査定を受けることが必要です。

清潔な状態でお客様を迎えたい
内覧会は、愛着のある我が家を他の方に見てもらう瞬間です。少しでも気に入ってもらえるようキレイにしておこうと誰もが思うはず。そう、内覧会までの準備で何より必要なのは、徹底的な清掃です。
しかも、ふだんはしないような排水管や壁や床のシミといった部分を中心にしてください。買い手は、意外とこうしたところに気をかけるものです。内覧会に訪れた時の印象で評価はずいぶん変わりますので、こうしたところにも気をかけましょう。

印象一つで買主の気持ちも変わります
もう一つ、おもてなしの気持ちをしっかり持ちましょう。売り手として気持ちのよい対応をすれば、買主さんも安心感を持ちながら見てくださるはずです。
将来、大切な我が家を引き継いでくださる方が来訪するのですから、ピカピカに住空間を磨いて、精いっぱいのおもてなしの心を持ってお迎えしましょう。