メールアドレス パスワード
>パスワードを忘れた方はこちら
無料メンバー登録

リフォームとリノベーション、何が違うの?

復元させるか、新しい価値を創るか
とあるテレビ番組の影響からか、リノベーションという言葉を知っている方は多いと思います。しかし、リフォームとリノベーションの違いについて認識されている方は少ないようですので、ここではっきりさせておきましょう。

リフォームとは、新築の状態に近づけるように復元する、修繕するという意味があります。壁紙を張り替える、キッチンやお風呂を入れ替える、フローリングを無垢材にするというのはリフォームの範疇となります。

一方、リノベーションとは新築当時の状態とは違う次元に改修することを言います。倉庫を住居に、古民家を現代の建築基準を満たすように改善し居住する、部屋数を増減させるというのはリノベーションとなります。

細かい事例で説明しますと、壁紙を張り替えるだけならリフォームとなり、壁材を変更して防音性能を高めたらリノベーションとなります。

あくまで、新築当時の状態へと近づけるべく復元するのがリフォーム、違う次元へと改修することがリノベーションとなります。

リノベーションを選択するメリット
リフォームでは得ることができないリノベーションの魅力とは、やはり新築マンションにはない自由度でしょう。もちろん、新築マンションを買った瞬間にリノベーションすることも可能ですが、そんな贅沢できる方はなかなかおられないでしょう。

また、住むのに便利な場所に新築マンションがない、なんていう事情も都会であればあるほどよくあることです。そんな時に有効なのが、好みの立地の中古マンションを買って、好みの間取りや内装にリノベーションすることです。

築30年だけど好立地で好みの間取りや内装の中古マンションが、理想の間取りや内装から妥協を余儀なくされる新築マンションよりも何百万円も安かったら、魅力を感じる買主は多いのではないでしょうか?

そういったマンションを売却したいと考えておられる売主さんは、是非ともリノベーションを売り文句にしてみて下さい。更に築20年以上の物件は資産価値が十分に下がっているので値下がりしにくい、なんてことも一緒にアピールできそうです。

リノベーションのコスト
リノベーションのメリットについて述べて参りましたが、一般的にリノベーションの方がコスト高となります。

実際の相場は、どれだけ手を加えるかによって変わってきますので一概には言えませんが、中古マンションをリノベーションする場合、500万円〜1000万円くらいかける方が多いようです。

上記の相場はフルオーダーでリノベーションをする場合です。最近はある程度型が決まっているセミオーダーによるリノベーションを行ってくれる業者もあります。

フルオーダーと比較すると自由度はありませんが、統一感があったり、デザイナーによるデザインですので、素人があれこれ考えるよりも間違いのない仕上がりが約束されている点が魅力です。

リフォームのコスト
一方、中古マンションを買ってリフォームを行う場合、一番多いのが100万円〜200万円という幅です。最大でも500万円くらいまででしょうか。これもキリがないので一概には言えませんが。

新築、中古でリノベ、中古でリフォームという3つの選択
新築マンションだけれども立地も間取りもシックリこない、更に予算オーバー。買主が現実に打ちのめされて中古マンションにたどり着く買主は多いでしょう。

そんなとき、「リノベーションやリフォームすればいいじゃん!」「新築気分を味わえるのはほんの数年だしね!」「中古だけど立地が断然いい!」といって中古マンションの魅力に気づいてくれた買主のハートを巧くキャッチできるかが勝敗を左右しそうです。

(画像はイメージです)