メールアドレス パスワード
>パスワードを忘れた方はこちら
無料メンバー登録

マンションの登記変更にはいくら掛かるの?

司法書士さんの報酬と登録免許税
マンションの登記を移動させるのにもお金と手間がかかります。書類上の手続きがとても複雑なので、「面倒くさい」と誰もが投げ出したくなるのも事実。しかし、この行程も、売却をはかる上では避けて通れません。信頼のおける司法書士さんに頼むなどしてうまく切り抜けましょう。
というわけで、登記変更では、まず司法書士さんへの報酬がかかりますね。そしてもう一つ、登録免許税というお金がかかります。

登録免許税って、どんな税金なの?
登録免許税?登記にお金がかかるなら話は分かるが、「免許とは何だ」と不思議に思う方もいらっしゃるでしょう。実はこれ、不動産だけではなく、様々な権利の登録や資格の登録、それこそ専門業種の免許にまでを含んだ税制度なのでこういう名称になっているのです。
不動産の登記の登録も含まれているため、マンションの売却の場合もこの税制度を適用して課税されることになります。支払う場面としては、買主との間で売買契約を結び、登記の申請を行う際となります。

登録免許税の課税方法
それでは、登録免許税はどんな風に課税されるのでしょうか。
固定資産税評価額×税率=登録免許税
前提として、固定資産税の評価額の変動によって金額も変化していきます。かなりの負担になることもありますから早めに把握しておいた方がよいでしょう。
具体的には、マンションの場合は建物のみの税率0.3%となりますので、固定資産税の評価額が1,000万円の場合は3万円となります。

司法書士さんの報酬の中身
司法書士さんへの報酬は、会社に所属しているか、個人かで差があるほか、地域差もあるので何とも言えません。10~20万円が目安とも言われていますが、もちろん登記の内容によっても変わってきます。
たとえば、上記のものに抵当権を抹消するための手続きの費用などがプラスされる場合、その数だけ1~2万円程度加算されていきます。報酬は内容によって異なるので、逐次、相談しましょう。