メールアドレス パスワード
>パスワードを忘れた方はこちら
無料メンバー登録

「知らなかった…」じゃ済まない!?中古マンションの売主責任って?

売主責任って私にも関係するの?
購入希望者が現れて、無事に契約終了。…と思っていたら、引き渡し後に部屋の欠陥が発覚し、損害賠償を請求されてしまった!?
もしかすると、住んでいても気づけない欠陥や不具合があなたの部屋にもあるかも…。
いつ売主になっても良いように「売主責任」について正しい知識を身につけて、事前にしっかり準備をしましょう。

そもそも売主責任って?
中古マンションの購入者へ自己申告の説明をするだけでは、売却後に不具合が見つかった場合、免責期間に関係なく売主側の責任になることがあります。契約スピードを優先するあまり、説明不足による購入者とのトラブルが発生しています。

見えない不安は値下げのもと!
購入者は見えないものには不安を感じ、不安を解消する手段として価格交渉と言う金銭的な条件で自分を納得させようとします。

売主も購入者も納得できる売却を目指すためには、購入者が本当に知りたい情報を先回りして「指標化する」ことが重要です。契約時に必要な物件調査とは別に、国土交通省の定める住宅検査基準や、「住む人の目線」を意識した快適さの「見える化」が、安心につながる=不当な価格交渉を防止できるのです。売主責任を果たすということは、結果的に売主自身のためにもなることなのですね。

認定中古住宅で不安を安心に
水漏れとか壁紙の汚れとか、目に見える故障や欠陥は見つからないけど…という方が多いはずです。一般の方が、表面に出ていない部分まで隅々までチェックするのは技術的にも難しいものです。そんなときには第三者機関として頼れる、検査診断サービスに相談してみるのも、ひとつの手です。

検査診断サービスの中には、中古の物件を「認定中古住宅」として認定可能なものもあります。認定されることにより、「長期保証付き中古住宅」として売り出すことができます。売却後のアフターフォローで売主責任のサポートするだけでなく、一般的な中古住宅との差別化を図ることができ一石二鳥!中古の不安を安心に変えましょう。