メールアドレス パスワード
>パスワードを忘れた方はこちら
無料メンバー登録

仕切り価格ってなに?

仕切り価格とは?
不動産取引に精通していない方にとって、仕切り価格とはなかなか聞きなれない言葉だと思います。まずは簡単に仕切り価格について説明します。

①不動産業者に査定をお願いして仮に売り出し価格を3000万円と決めたとします。

②しばらく売り出しを続けますが、なかなか買い手がつきません

③あなたが早く売りたい場合、一番有効で簡単な方法は値引きすること、でしょう。2700万円程度なら早く売れる、と判断した場合にそのまま値引きしても良いですが、ここで仕切り価格を設定します。

④2800万円を仕切り価格に設定し、売値は不動産業者が自由に決めて良いことにします。

⑤不動産業者が営業を頑張って2900万円でこの物件を売った場合、売買価格2900万円と仕切り価格2800万円との差額100万円は不動産業者に入ります。

仕切り価格の有効性
不動産の売買では、営業マンのモチベーションが大きく影響します。営業マンのモチベーションアップのための報酬が仕切り価格の設定をすることにより行えるのです。上の例で示したように、単純な値引きよりあなたにとっても不動産業者にとってもプラスになる可能性のある方法です。

不動産仲介手数料
不動産の売買を行う際に支払うものに不動産仲介手数料があります。400万円以上であれば3%+6万円の仲介手数料が法律で決められています。最近では、不動産仲介手数料が少ないことを売り文句にする不動産業者もいますが、このような不動産業者にお願いするのは少し考えものです。

不動産は広告を打たなければ良いお客様は来ません。不動産仲介手数料は広告宣伝費に使われることもありますし、何より有能な営業マンは仲介手数料の大きい物件でしか動かないでしょう。忙しいので、同じだけ時間のかかる取引であれば金額の大きな取引に力を入れます。

共同仲介
共同媒介とも言いますが、1つの不動産取引を2社以上の不動産会社が媒介することです。不動産会社の間で物件情報を交換し、売主と買主を紹介しあったり、情報を共有化したりして共同して媒介業務を行います。売主につく業者を物元業者、買主につく業者を客付業者と呼びますが、このどちらの業者にも仕切り価格の設定は有効です。

売主側の業者としては、より手広く知り合いの業者に情報を共有しようと頑張りますし、買主側の業者としては話をまとめる際に買主からの値引き交渉に安易に乗らなくなる、といった効果が考えられます。

マンション売却の際には良い不動産業者を選ぶことでより良い取引を目指しましょう。マンションナビなら、複数社一括で査定が出来ます。

(画像はイメージです)


▼外部リンク

weblio辞書 仕切価格とは
http://www.weblio.jp/content/%E4%BB%95%E5%88%87%E4%BE%A1%E6%A0%BC