メールアドレス パスワード
>パスワードを忘れた方はこちら
無料メンバー登録

査定価格より高く売ることって出来るの?

不動産会社が出した査定価格よりマンションを高く売れるのか?
マンションの売却を検討するとき、不動産会社の出す査定価格より高く売ることは出来るのでしょうか?

マンションの売却を検討するときは、最初に不動産会社に査定をお願いする、という方は多いと思います。しかし、査定価格と実際の取引価格は往々にして違ってしまうもの。しかも大抵は査定価格より実際の取引価格の方が安くなってしまいます。

この理由を解明するためには、まずは査定価格の裏事情について知る必要があります。

査定価格について
不動産会社の商売はお家を仲介して、仲介手数料をもらうことです。当然、不動産会社も実際に売れる金額で査定価格を出したいのですが、まずはあなたの物件を任せてもらうことが出来なければ商売が出来ません。

時には、競合他社との競争に勝つために、最初は高額な査定を出して、実際に販売を開始してから「売れないので下げましょうか」と、じわじわと価格を下げていくことも考えられます。

そもそも、出来るだけ高く売りたいという売主と、出来るだけ安く売りたいという買主の希望価格には大きな隔たりがあることが普通です。

その間をとる形で査定価格が出されたとしても、あなたの希望より査定価格が低いことが多いと考えられます。そんな中、高い査定価格を出してくる業者がいたらついその業者に頼んでしまいたくなってしまうものです。

マンションを出来るだけ高く売るには
そういった査定価格の裏事情についてしっかり理解した上で、売り出しをお願いする不動産会社を選びましょう。そして、「査定価格より高く売る」努力は、単に「出来るだけ高く売る」努力をすることに他なりません。

査定が終わって、媒介を依頼する業者には①その地域でマンション売買仲介の実績が豊富にある会社②他の仲介業者にもきちんと情報を流す会社③価格交渉で買主の値引き交渉に簡単に応じない会社。といったところに着目して会社を選ぶと良いでしょう。間違っても査定価格の高さで決めてしまってはいけません。

内覧時に気を付けること
無事、高く売ってくれそうな仲介業者が見つかり、内覧希望に応じる際には①リフォームはしなくても良いがクリーニングはしておく②ご近所さんの状況など生の声を伝える。③とにかく歓迎ムード!買主に好印象を持ってもらうようにする。といったことに気を付けましょう。

豊富な実績のある業者にしっかりとした査定価格を出してもらったら、後は「出来るだけ高く売れるようにする」努力をすることが「査定価格より高く売る」ための努力になります。

まずは、不動産実務経験者の運営するマンションナビで豊富な業者による一括査定をしてみませんか?

(画像はイメージです)


▼外部リンク

不動産流通近代化センター 価格査定マニュアル
http://www.kindaika.jp/chosa/satei-2