メールアドレス パスワード
>パスワードを忘れた方はこちら
無料メンバー登録

マンションを売却する際の不動産会社を選ぶ基準は?

頼むなら大手がいいの?それとも…
マンションの売却には、それを手助けしてくれるプロのチカラが必要です。買い手を探すのにも情報源が必要ですし、手続き上、専門的な知識も欠かせません。その方面に明るい業者が間に入るからこそ、安心して売却ができるのです。

では、仲介業者に頼むとして、いったい、どんなところがよいのでしょう。やっぱり大手に頼むのが安心なのでしょうか。それとも、街の情報に詳しそうな地元の不動産会社がいいのでしょうか。どっちもよさそうだけれど、迷ってしまうのが本音ですよね。

規模やイメージではなく、中身で選ぶ
実は、大手だからいいという訳ではありません。確かに抱えている見込み客のネットワークは強力です。でも、住まいを選ぶ際には誰もが地元の物件から探しますよね。だとすれば、地元のことを熟知している中小企業のネットワークのほうが有利ということもあります。また、フットワークの軽さや一生懸命さという意味では、大手も中小企業も関係ありませんよね。

つまり、規模やイメージで決めるより、自分の物件を売却するのに有利かどうかを軸に個々の業者からチョイスすることが大事なんです。

不動産業者の具体的な選び方
まずは基本的なこと、信頼です。パートナーとなる業者がいい加減だと、決して安くない手数料をドブに捨てることになります。はじめに免許番号を確認すること、これが必須です。WEBサイトや店舗などで確認できない場合は行政庁で業者名簿を無料閲覧することも可能です。過去の実績や行政処分歴を参考にすれば、より細かく相手をチェックできるでしょう。

その上で大手の不動産業者を数社、地元の有力な不動産業者を数社に絞り込みます。ホームページでサービス内容や実績をチェックしたり、新聞の折込チラシで比較検討するのも有効な手段です。インターネットの一括サイトを活用するのも便利な方法かもしれません。

数社に絞ったら、各社に簡易査定を申し込みます。査定額を見比べれば、さらに絞り込めるからです。ここで、あまりに時間がかかる業者は除外してください。一週間以上もかかるのは論外。資産の売却はスピードが勝負です。査定ですらすぐに応対できない業者には、パートナーとなる資格はありません。

数社に絞ってから顔合わせ
2~3社に絞ってから、実際に会って話をして決めます。ここで重要なのは、査定額の根拠を聞くこと、物件を売却するにあたっての具体的な対応策を聞くことです。これらに信ぴょう性がなければ、査定額に対して行動が伴わないということになります。また、お互い顔を突き合わせれば人間性も判断できます。ご夫婦で行くなどして個々で判断せず、二人とも信頼できる担当者が選ぶのがベストです。

何もここまでしなくてもと思う方もいらっしゃるかもしれません。でも、せっかく苦労して手に入れた住まいです。ここで踏ん張らねば、その価値を認めてもらえないことになります。売却するのなら、納得できるプロセスを踏みたいものです。