査定価格より高く売ることって出来るの?

不動産会社が出した査定価格よりマンションを高く売れるのか?

マンションの売却を検討するとき、不動産会社の出す査定価格より高く売ることは出来るのでしょうか?

マンションの売却を検討するときは、最初に不動産会社に査定をお願いする、という方は多いと思います。しかし、査定価格と実際の取引価格は往々にして違ってしまうもの。しかも大抵は査定価格より実際の取引価格の方が安くなってしまいます。

この理由を解明するためには、まずは査定価格の裏事情について知る必要があります。

査定価格の決め方

不動産会社(宅建業)の主な商売は不動産を仲介して、仲介手数料をもらうこと。当然、不動産会社も実際に売れる金額で査定価格を出したいのですが、まずはあなたの物件を任せてもらうことが出来なければ商売が出来ません。

時には、競合他社との競争に勝つために、最初は高額な査定を出して、実際に販売を開始してから「売れないので下げましょうか」と、じわじわと価格を下げていくことも考えられます。そもそも、出来るだけ高く売りたいという売主と、出来るだけ安く買いたいという買主の希望価格には大きな隔たりがあることが普通です。

その間をとる形で査定価格が出されたとしても、あなたの希望より査定価格が低いことが多いと考えられます。このように、自分のところに仲介の依頼をもらえるように、高い査定価格を出す不動産会社がいまだにいることも原因として考えられます。

マンションを出来るだけ高く売るには

そういった査定価格の事情についてしっかり理解した上で、売却をお願いする不動産会社を選びましょう。

不動産会社の選び方

  1. その地域でマンション売買仲介の実績が豊富にある会社
  2. 他の仲介業者にもきちんと情報を流す会社
  3. 価格交渉で買主の値引き交渉に簡単に応じない会社

このようなところに着目して会社を選ぶべきであり、査定価格の高さだけで決めてしまってはいけません。そもそも、今の時代はインターネットによる情報が氾濫し、マンションの売買価格のデータは、実は簡単に手に入れることができ、業者間が出す査定価格そのものは差が少なくなっている傾向にあります。

したがって「査定価格より高く売る」ためには、不動産会社に任せきりにせず、売主が自ら「高く売る」努力や工夫をする必要があるのです。

「内覧」は重要なポイント


無事に高く売ってくれそうな仲介業者が見つかり、内覧希望に応じる際には売主として皆さんはどうされますか?

その場合、

  1. リフォームはしなくても良いがクリーニング(部屋の掃除)はしっかりしておく
  2. ご近所さんの状況など生の声(マイナス面は正直に)を伝える。
  3. とにかく歓迎ムード!買主に好印象を持ってもらうようにする。スリッパなどもきれいなものを用意する。

といったことに気を付ける必要があります。

さらに近年はホームステージングといって、買主さんが新しい生活をイメージしやすいように、空き部屋にわざわざ家具を入れて「部屋を飾りつける」ことで売りやすくするサービスも出てきているので、あわせて検討すべきでしょう。

このように、大切なのは買う人の気持ちになって、物件の必要な情報をしっかりと伝えることです。不動産は最終的には「誰」から買うのかも重要なポイントになるからです。

自分でできることをする

そして豊富な実績のある不動産会社に査定価格を出してもらったら、後は売り出しの時期を十分検討し、あせらずじっくり待って「出来るだけ高く売れるようにする」努力をすることが、結果として「査定価格より高く売る」ことにつながります。

このような高く売るための努力として、不動産会社に頼らず、自ら情報収集することも重要なポイントです。まずは、不動産実務経験者の運営するマンションナビで豊富な不動産会社による一括査定をすることもぜひ試していただきたいと思います。

初めての売却にオススメできる一括査定No.1

マンションナビの無料一括査定で、あなたのマンションを高く評価してくれる会社にまとめて査定依頼。わずか45秒でご利用できるマンションナビは、初めてマンションを売りたい方にオススメできる一括査定サイトNo.1に選ばれているので、安心してご利用いただけます。

ABOUT ME
田井 能久
田井 能久
不動産鑑定士/ロングステイアドバイザー
大学卒業後に国内最大手の不動産鑑定事務所に勤務し、1995年に不動産鑑定士の資格を取得。その後米国系不動産投資ファンドに勤務し、全国各地で1,000件以上の不良債権のデューデリジェンス業務を中心とした資産評価を担当。2006年に独立し、名古屋地方裁判所の民事調停委員や愛知大学非常勤講師を兼務しながら、ロングステイアドバイザーを取得。2015年にマレーシアの会社と業務提携を行い、MM2Hの取得アドバイス業務もスタートさせ、自身も2018年にMM2Hを取得。今後、マレーシアを中心とした海外事業の展開について模索中である。