価格査定マニュアルってなに?

価格査定の方法

マンションを売却するときに最初に考えるのが価格を決めること、ですよね。マンションは適正な価格をつけなければ売れません。実は、その価格査定の方法にはいくつかアプローチの違う方法があり、唯一絶対の価格査定法はありません。

そのマンションが生み出す収益に着目した収益還元法・そのマンションを再度取得した際にいくらかかるかをもとに価格を算出する原価法・そのマンションに似たマンションの取引事例をもとに価格を算出する取引事例比較法と大きく3つの価格査定法があります。

そして、中古マンションの場合は最後の取引事例比較法が一般的によく使われます。

価格査定マニュアル

中古マンションの価格査定においては取引事例比較法がよく使われます。この取引事例比較法においては一般的に不動産流通近代化センターが作成した価格査定マニュアルが用いられるのです。

価格査定の根拠となる価格査定マニュアル

不動産の売却は何度も経験するものではありません。しかし、その手続きは複雑で一般の人には分かりづらいことだらけです。

不動産業者に価格の査定をお願いした場合、不動産のプロたる業者とあなたとでは知識や経験の差は非常に大きいでしょう。価格査定マニュアルは価格査定によって算出された査定価格の根拠を示すマニュアルなのです。

価格査定マニュアルの査定の考え方

取引事例比較法は、査定物件と同じような取引事例を選んで比較評価し、価格を算出します。

あなたのマンションと同じようなマンションを事例マンション、あなたのマンションを査定マンションとした場合、「事例マンションの評点は○○点で○○○○万円で売れたので、査定マンションが□□点なので査定価格は□□□□万円となります」といった方法になります。

評点になる項目は多岐にわたり、交通の便や立地条件、階数や向き、専有面積や建物の設備、維持管理状況についてなどが評価されます。

価格査定マニュアルの査定結果の報告

査定価格が算出されると、不動産業者から査定報告書が提示されます。またこの際に査定の根拠について説明がされますが、評価の中には駅からの時間といった客観的なものから、騒音や眺望についてなど主観的なものもあります。

マニュアルといえども、特に主観的なものについては担当者次第で変わるものなので根拠をしっかりと確認しましょう。

複数の不動産業者に依頼してみよう

この価格査定マニュアルはマニュアルとはいえ、担当者によって査定価格が変わってくるものです。

マンションナビなどを利用して複数の業者に査定を依頼して、査定価格とその評価の根拠を聞いて業者を決めましょう。

▼外部リンク
不動産流通推進センター 価格査定マニュアル
http://www.kindaika.jp/chosa/satei-2

初めての売却にオススメできる一括査定No.1

マンションナビの無料一括査定で、あなたのマンションを高く評価してくれる会社にまとめて査定依頼。わずか45秒でご利用できるマンションナビは、初めてマンションを売りたい方にオススメできる一括査定サイトNo.1に選ばれているので、安心してご利用いただけます。

ABOUT ME
山田 敏碁
山田 敏碁
マンションリサーチ株式会社 代表取締役
不動産ディベロッパー及びフランチャイズ系不動産仲介会社での勤務経験を経て、2011年4月にマンションリサーチ株式会社を設立。
不動産実務を知る不動産専門ウェブサービス会社として、「より現場に近く、現場の声を知り、不動産業者の言語を知っている」をテーマに、結果の出せるウェブコンサルティングを目指しております。