マンション売却するための買主の探し方

まずは実績のあるパートナーを探すこと

素人の私たちがやみ雲に買い手を探しても良質な買い手は見つかりません。もしかしたら買い手の中には、オーバーローンを抱えるなど問題がある方もいらっしゃるかもしれません。それを見分けるにも素人には難題です。

プロのチカラを借りることで、安心して交渉まで辿り付けるのです。

不動産会社が行う買主の絞り方とは?

不動産会社がどうやって買い手を探すか、皆さんはご存知でしょうか?具体的に言えば、物件に相応しいターゲットを狙った広告や折り込みチラシを実施したり、来店したお客様の中から見込みのありそうな人に絞って声をかけたりします。

大勢のお客様にアプローチしながら、より条件に合った人を絞り込んでくれるのです。

インターネットで、さらに簡単に

最近ではインターネットを通じて全国のネットワークを駆使することもできるようになりました。レインズという名前のもので、すべての物件情報がデータベース化されており、大小に関係なくどこの不動産会社でも同じ物件情報を検索できるようになっているのです。

ここにあなたのマンションを掲載してもらえば、一つの店舗からの情報だけでなく、各地の不動産会社からお客様を紹介してもらえるようにもなるのです。

不動産会社の言いなりにならないこと

ところがインターネットのこうした情報を隠して、自分の都合のいいように進めようとする悪質な不動産会社も中にはいます。契約を交わす場合、不動産会社はレインズへの登録義務がありますからレインズの情報は常に届いているはずですし、売主へは定期的な報告義務もあります。これは手を抜いてるなと感じたら、ねじを締めましょう。

たとえば他社から見積もりを取るなど、一社の言いなりにならないよう心がけることも大切です。

初めての売却にオススメできる一括査定No.1

マンションナビの無料一括査定で、あなたのマンションを高く評価してくれる会社にまとめて査定依頼。わずか45秒でご利用できるマンションナビは、初めてマンションを売りたい方にオススメできる一括査定サイトNo.1に選ばれているので、安心してご利用いただけます。

ABOUT ME
山田 敏碁
山田 敏碁
マンションリサーチ株式会社 代表取締役
不動産ディベロッパー及びフランチャイズ系不動産仲介会社での勤務経験を経て、2011年4月にマンションリサーチ株式会社を設立。
不動産実務を知る不動産専門ウェブサービス会社として、「より現場に近く、現場の声を知り、不動産業者の言語を知っている」をテーマに、結果の出せるウェブコンサルティングを目指しております。