新築マンションの相場を知れば高く売れる?

マンション売却時のキーワード「相場」

マンションの売却を考えるとき、「いくらなら売るのか」決心するのに迷うことがあるのではないでしょうか?

マンションの売却の価格を決めるには、相場を知ることが大切です。この相場、中古マンションの相場はもちろんですが、新築マンションの相場も知っておくと、売却価格を決める目安となります。

マンション価格の相場は、景気や周辺の施設や建物など、様々な条件によって変動していきます。できるだけマンションを高く売るためには、相場の動向をより正確につかむことが必要となりますね。

次に刻一刻とかわるマンション相場を、どのように知るのか、ご紹介しましょう。

新築マンションの相場を知るには?

新築マンションの価格は近年上昇傾向にあります。

リクルート住まいカンパニーの調査では、2013年の新築マンションの平均購入価格は、首都圏で4168万円、関西圏では3383万円と、2001年の調査開始以来の最高額となっています。

このようなマンションの価格の相場は常に変化しているため、この動向をつかむことがマンション売却時の取引のポイントになるでしょう。

マンションの価格の相場を知るために有効な方法として、「インターネット広告」があります。「インターネット広告」とは、ウェブサイトやメールを使用して、企業が行う宣伝活動のこと。

最近は「ネットで物件を検索して、あらかじめ情報を得てから業者を訪ねる」という人が多いため、不動産業者もウェブサイトに力を入れています。

それでは、インターネット広告ではどのような情報を得ることができるのでしょうか?

あらゆる角度からの検索ができる

新築マンションの情報を扱うポータルサイトを見ることで、地域別、沿線別、価格別といった検索はもちろんのこと、「タワー&大規模マンション」「通勤が楽なマンション」「3月までに入居可」など、様々な視点から物件を検索することができます。

サイトで検索した情報を参考に、手持ちのマンションの「売りポイント」はどこなのかを見極め、このポイントをキーにマンションの価格を調べる、というのもマンションを高値で取引するコツのひとつといえるでしょう。

また、手持ちのマンションのある地域や間取り、建物の広さ、駅からの距離など、基本的な条件での物件検索を行い、相場をつかむことで、より有利な取引を目指しましょう!”””

初めての売却にオススメできる一括査定No.1

マンションナビの無料一括査定で、あなたのマンションを高く評価してくれる会社にまとめて査定依頼。わずか45秒でご利用できるマンションナビは、初めてマンションを売りたい方にオススメできる一括査定サイトNo.1に選ばれているので、安心してご利用いただけます。

ABOUT ME
山田 敏碁
山田 敏碁
マンションリサーチ株式会社 代表取締役
不動産ディベロッパー及びフランチャイズ系不動産仲介会社での勤務経験を経て、2011年4月にマンションリサーチ株式会社を設立。
不動産実務を知る不動産専門ウェブサービス会社として、「より現場に近く、現場の声を知り、不動産業者の言語を知っている」をテーマに、結果の出せるウェブコンサルティングを目指しております。