マンション売却の際に押さえておきたい面積について

面積の種類について

マンション売却の際、契約書類や広告書類には面積の記載がありますが、面積にはいろいろな種類があるってご存知ですか?

延床面積、敷地面積などの面積は分かりやすいですが、建築面積という表記もあります。建坪なんていう表現もありますし、他に専有面積や内法面積、壁芯面積などいろいろあります。

これらを正しく理解していないと損をしてしまうこともあるかもしれません。今回はいろいろな面積の種類について説明します。

延床面積と敷地面積、建築面積について

延床面積は延床面積は建物の各階の床面積の合計になります。敷地面積はマンションや建物が建っている土地の面積、建築面積は建物を真上から見たときの水平投射面積のことです。

ピロティなどがあり1階より2階部分のほうが大きい建物の建築面積は2階を地面に写した部分が建築面積になります。建築面積は建ぺい率の計算の際に利用します。また、建坪とは建築面積のことを指します。

専有面積について

マンションの1部屋の面積を表す場合、専有面積という言葉が用いられていることに気づくと思います。マンションには専有部分と共用部分があります。

専有部分が区分所有権を持つ各々の部屋、共用部分は玄関やロビーなどのことをあらわします。区分所有者は共用部分にも持ち分を持ちますから、課税床面積にはこの共用部分の面積を専有面積の割合で算出した面積が用いられます。

内法面積と壁芯面積について

専有面積の計算方法には内法面積と壁芯面積の2つの計算方法があります。内法面積は壁の内側の面積、壁芯面積は壁の中心線を囲んだ面積です。

内法面積は壁芯面積と比べて、壁の厚さの半分だけ小さくなります。マンションの広告用のパンフレットなどに記載されている専有面積は壁芯面積で記載されます。一方、登記簿謄本に記載のある面積は内法面積です。

これはマンション販売会社が少しでも大きく見せる努力をしているのではなく、区分所有建物(マンション)は建築基準法で壁芯面積での表記をすることになっており、不動産登記法では謄本に内法面積を表記することになっているのです。

マンション契約時には契約書に登記簿面積を記載しますから少し損した気分になるかもしれません。気になるのであれば事前に登記簿謄本を確認しておくと良いでしょう。

坪数について

各種面積について説明してきましたが、パンフレットなどには良く「坪数」の記載がありますよね。この坪数は面積/3.3㎡、もしくは面積×0.3025という計算で算出することができます。マンションの売買で良く聞く坪単価はこの坪数で算出されますから覚えておくと良いでしょう。

▼外部リンク
公益財団法人マンション管理センター 区分所有法について
http://www.mankan.or.jp/06_consult/01_hoki/01_hoki_01.html

初めての売却にオススメできる一括査定No.1

マンションナビの無料一括査定で、あなたのマンションを高く評価してくれる会社にまとめて査定依頼。わずか45秒でご利用できるマンションナビは、初めてマンションを売りたい方にオススメできる一括査定サイトNo.1に選ばれているので、安心してご利用いただけます。

ABOUT ME
山田 敏碁
山田 敏碁
マンションリサーチ株式会社 代表取締役
不動産ディベロッパー及びフランチャイズ系不動産仲介会社での勤務経験を経て、2011年4月にマンションリサーチ株式会社を設立。
不動産実務を知る不動産専門ウェブサービス会社として、「より現場に近く、現場の声を知り、不動産業者の言語を知っている」をテーマに、結果の出せるウェブコンサルティングを目指しております。