メールアドレス パスワード
>パスワードを忘れた方はこちら
無料メンバー登録

分譲済みマンションにEV充電器を設置 実証プロジェクト開始

投稿日時:2017-09-07 03:30:00

EV普及への課題解決に寄与
株式会社大京アステージは8月29日、日産自動車株式会社、日本電気株式会社と共に「分譲済みマンションにおけるEV(電気自動車)向け充電器設置に関する覚書」を締結したことを発表している。

この事業は「分譲済みマンションへのEV充電器設置の新たなスキーム」を構築する目的のもので、3社はEV普及への課題を一つずつ解決していくことで、EVの普及をさらに加速させていく狙いがあるとみられる。

事業の実行段階には、大京アステージが管理する首都圏の分譲済みマンションから対象物件が選定されていき、各々のマンションで管理組合の合意が得られた物件からスキームが実施しされていく予定だ。

マンションの可能性を掘り下げる
3社はマンション向けEV充電器設置のモデルケース開発に向けて今後とも協同していく構えで、EVのさらなる普及促進をマンションという現代的集合住宅を起点として進めていきたい考えだ。

消費者からは「今居住するマンションに充電設備を設置することができないため、EVの購入に踏み切れない」という声が多く、マンションへの普通EV充電器を初期費用実質負担ゼロで設置できるようにする同スキームは、幅広い業界で注目されることになる。
マンション管理組合は利用者に対して充電時間に応じた課金が可能となるうえ、使用電力量も計測されるため、利用者にも安心してご利用いただくことが可能となります。
(プレスリリースより引用)

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

大京アステージ プレスリリース
http://www.daikyo.co.jp/dev/files/20170829.pdf

大京アステージ
http://www.daikyo-astage.co.jp/