メールアドレス パスワード
>パスワードを忘れた方はこちら
無料メンバー登録

さくら事務所が大規模修繕工事の不正問題を解説するセミナーを開催

投稿日時:2017-09-25 04:00:00

大規模修繕工事で設計事務所などによる不正にだまされないために
個人向け不動産コンサルティング・住宅診断とマンション管理組合向けコンサルティングを行うさくら事務所は、マンション管理組合に向けて、大規模修繕工事と長期修繕計画に存在している危険性について解説するセミナーを開催する。

国土交通省は、2017年1月に「設計コンサルタントを活用したマンション大規模修繕工事の発注等の相談窓口の周知について」という文書を公表した。この文書では、「管理組合の利益と相反する立場に立つ設計コンサルタントの存在」と記載され、その実例が挙げられている。

不正の実例としては、「自社にバックマージンを支払う施工会社が受注できるように不適切な交錯を設計コンサルタントが行い、割高な工事費等に基づく発注を誘導」などが指摘されている。

さくら事務所では、こうした不正は国土交通省が公表した設計・監理方式以外にも、様々な部分に存在するとしている。設計事務所だけでなく、管理会社や施工会社が主導しているケースがあるとし、この不正は長期修繕計画の中にも含まれていることがあり、だまされないためのポイントを解説する。

長期修繕計画見直しのチェックポイントも解説
分譲マンションの場合、修繕積立金が相場よりも安く設定されているケースが数多い。それを見直さないまま長年積立しても、いざ大規模修繕工事を行おうとして積立金不足に直面するという事態は珍しいことではない。

今回のセミナーでは、こうした長期修繕計画見直しのチェックポイントや事例を交えて、資金不足に陥る要因についても解説する

セミナーの予定は次の通り

【定員】各回30名 ※同日1講座のみでもご参加頂けます。
【参加費】1,000円  ※メルマガ登録で無料
【場所】丸の内近郊 ※お申し込み頂いた方にご案内します
【詳細・お申し込み】 https://www.s-mankan.com/seminar/1709-10
【セミナー参加特典】 
 共用部保険適正診断(無料) セミナー当日、保険証券(写)をお持ちください。後日診断結果をお知らせします。

(画像はさくら事務所ホームページより)


▼外部リンク

さくら事務所 セミナー情報
https://www.s-mankan.com/seminar/1709-10