メールアドレス パスワード
>パスワードを忘れた方はこちら
無料メンバー登録

レオパレス21など、AIを活用した賃料設定システムを導入

投稿日時:2018-02-11 18:00:00

全国の管理物件における1部屋ごとの賃料を機械的に算出
2018年2月8日、株式会社レオパレス21(以下、レオパレス21)は、AI inside株式会社(以下、AI inside社)と共同で、AI(人工知能)「Neural X」(以下、同AI)を活用して、賃料設定の意思決定のサポートおよび物件運用の最適化を図る賃料設定システム(以下、同システム)を開発し、2018年2月1日より導入を開始したと発表した。

同AIはAI inside社の持つテクノロジーで、ディープラーニング(深層学習)技術により、これまでレオパレス21が蓄積してきた賃料設定データとともに、基礎情報・立地条件・周辺情報、その他の大量データを学習することで、全国の管理物件約57万戸を対象として1部屋ごとの賃料を算出できる。

同システムの導入は、不動産業界で初の取り組みとのこと。
賃料設定システムの導入効果
同システムにより、物件本来の価値に基づいて賃料を適正に設定できるため、入居者に透明性の高い賃料での部屋を提供できる。

また、契約実績やその他外部要因を分析・学習して、物件の市場での値動きを予測できるため、賃料設定のより戦略的な展開を図るとのこと。

さらに、今まで人が作業をしていた情報収集等の業務が軽減されるため、コストが削減されるとともに、軽減された業務時間を顧客サービス向上に振り分けることができ、社員のワークライフバランス向上が期待される。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

レオパレス21 ニュースリリース
http://www.leopalace21.co.jp/news/2018/0208_2324.html


アクセスランキング トップ10