メールアドレス パスワード
>パスワードを忘れた方はこちら
無料メンバー登録

国土交通省、不動産価格指数(住宅)平成26年2月分速報を発表!!

投稿日時:2014-05-31 12:00:00

マンション指数が14ヶ月連続でプラス!!
国土交通省は5月28日、不動産価格指数(住宅)(平成26年2月分速報)を発表した。この指標は、年間約30万件の住宅・マンションなどの実際の取引価格情報をもとにして、作成された唯一の指数だ。

(画像は、国土交通省HPより)

本指標は2008年度平均を100として、住宅総合、更地・建物付土地、マンションを区分して、それぞれ全国、ブロック別、都市圏別に作成されている。

全国の住宅総合は91.5(対前年同月比-0.1%)、更地・建物付土地は87.3%(同-2.4%)、マンションは115.0(同+9.7%)であった。マンション指数は、指数が作成された2008年4月以来の最高値となった。また、2013年1月分から14ヶ月連続のプラスとなった。

都市圏別の不動産価格指数
南関東圏の住宅総合は97.7(同+1.8%)、更地・建物付土地は93.8(同-0.6)、マンションは110.8(同+8.6%)であった。

名古屋圏の住宅総合は88.5(同-2.6%)、更地・建物付土地は86.9(同-2.5)、マンションは110.8(同+0.4%)であった。

京阪神圏の住宅総合は92.0(同-0.4%)、更地・建物付土地は88.0(同-2.5)、マンションは116.1(同+10.0%)であった。

東京都の住宅総合は101.5(同+1.5%)、更地・建物付土地は98.0(同-1.9)、マンションは110.9(同+10.6%)であった。

東日本大震災被災地である東北地方の住宅総合は100.4(同+7.4%)、更地・建物付土地は98.5(同+7.0)、マンションは137.3(同+3.4%)であった。

不動産価格指数は国際指針に基づくもの
不動産価格指数(住宅)の整備に関する国際指針が、IMF(国際通貨基金)やEurostat(欧州委員会統計局)を中心とした多数の国際機関や有識者の協力のもと2011年に作成された。

国土交通省は、この国際指針をもとにして不動産価格指数(住宅)を開発し、平成24年8月より試験運転を開始していた。


▼外部リンク

国土交通省 不動産価格指数(住宅)平成26年2月分速報
http://www.mlit.go.jp/common/001041305.pdf