メールアドレス パスワード
>パスワードを忘れた方はこちら
無料メンバー登録

異色の大家さん本『大家さんのための客付力』で「金持ち大家さん」を目指す

投稿日時:2014-05-31 17:00:00

大家検定の人気講師が語る満室にするノウハウ
2014年5月19日、株式会社週刊住宅新聞社から、書籍『大家さんのための客付力』が発売された。価格は1620円(税込)。
(image:Amazon)

一般財団法人日本不動産コミュニティーが監修する大家検定の人気講師・沖野元氏が、17年間培ってきた満室にするノウハウを大公開する。

リーシング(客付け)中心の賃貸経営とは
『大家さんのための客付力』では、賃貸経営の仕組みをリーシング(客付け)を中心に解説しており、これは今まで、あまり語られてこなかった部分であるという。

不動産業界におけるリーシングとは、賃貸の不動産物件に対してテナント(借主)の仲介業務を行うことを意味する。

店舗や商業施設、住宅等に新しいテナント(借主)を探し、誘致のための交渉を行い、契約を結び、稼働率を上げて収益を向上させる一連のプロセスを指す。

各章の内容としては、「『サービス業』としての大家業」、「勝ち組大家さんの営業戦略」、「知っておきたい客付けの仕組みとお金の流れ」で心構え・概要的な項目を解説。

さらに、「入居申込書は内容の堅さで判断する」「効果的な入居面談の方法」「 物件の価値向上のためのリフォーム」「値引き交渉への対応の仕方」といった実務に関する項目まで多岐にわたる。

客付けに特化したリーシングのエキスパート
著者の沖野元氏は、株式会社リーシングジャパン設立と同時に代表取締役に就任。賃貸・売買仲介、管理を中心に、客付けに特化したリーシングコンサルタントとして活動する。

特に投資用物件売買仲介、中古物件再生企画及び管理を得意とし、講演や著書、雑誌連載などの執筆分野でも活躍している。


▼外部リンク

株式会社週刊住宅新聞社 書籍紹介ページ
http://www.shukan-jutaku.com/pub/1445.html