メールアドレス パスワード
>パスワードを忘れた方はこちら
無料メンバー登録

2014年第1四半期の住宅リフォーム市場調査、増税前の駆け込み需要で40.7%増

投稿日時:2014-06-09 16:00:00

記録的な伸長ぶり
矢野経済研究所は6月6日、住宅リフォーム市場の短期的な市場トレンド調査を実施し発表した。

調査によれば、2014年1月~3月(2014年第1四半期)の住宅リフォーム市場規模は1兆7,724億円で前年同期比で40.7%増、過去5年の平均値の57%増と、記録的な伸長ぶりを見せた。

この増加は、4月の消費増税の影響で設備交換を中心としたリフォームの駆け込み需要が相次いだものと見られている。

(画像はプレスリリースより)

7兆円の大台越え
同社は、2014年1月~3月(2014年第1四半期)の期間を対象とし、同社専門研究員による市場規模算出、及び文献調査を行った。

この調査における住宅リフォーム市場は、「10平方メートル超の増改築工事」・「10平方メートル以下の増改築工事」・「設備修繕・維持関連」・「家具・インテリア等」の4分野を対象としている。

リフォーム消費増加の流れは昨年から続いており、2013年はいずれの四半期も過去5年間の中で最も高い市場規模で推移し、過去5年の四半期ベースの平均値から10~20%増で推移した。

この背景は、2013年冬のボーナスが好調であったことと、2014年春以降は企業における賃上げの動きが拡大したことがある。

さらに、好調だった2013年は市場規模が年度ベース(2013年4月~2014年3月)で7兆4,650億円と、前年同期比で16.9%増と推移し、2000年度以降初の7兆円の大台越えを記録した。

また、調査では今後について、消費増税の影響が最終的にどの程度現れるかについては、非常に予測が難しいとしており、現時点で消費増税以降の反動減は予想より落ち着いた出足であると見ている。


▼外部リンク

矢野経済研究所 住宅リフォーム市場に関する調査結果~2014年第1四半期~
http://www.yano.co.jp/press/press.php/001255