メールアドレス パスワード
>パスワードを忘れた方はこちら
無料メンバー登録

阪神電鉄の子会社が電力提供サービスに参入。

投稿日時:2013-12-01 06:00:00

『Baycom 電力サービス』は12月1日より営業開始。
大阪府・兵庫県を中心に有線ケーブルテレビ事業などを営む(株)ベイ・コミュニケーションズ(ベイコム、阪神電気鉄道(株)の子会社)は従来よりも電気料金が割安になるマンション向けの電力提供サービス『Baycom 電力サービス』の営業を12月1日より開始する。

(画像はプレスリリースより)

営業は大阪市、尼崎市、伊丹市及び西宮市のベイコムエリアで行い、原則として50世帯以上のファミリー向けタイプのマンションが対象となる。

一括購入で電気料金を割安に供給。
同サービスの割安の理由は、ベイコムがマンション単位で締結する地域電力会社との高圧電力一括契約にある。高圧電力は通常より安い単価で契約することが可能なのだ。

そして従来よりも割安で供給された電力は、マンション居住者に対して供給される仕組みとなっている。さらに、マンション全体で削減できた電気料金については、居住者、管理組合へ還元されるプランも用意されており2重にお得だ。

初期費用はゼロ、安心の24時間365日サポート。
サービス導入には設備設置及び切り替え工事が必要になるが、これもベイコムが負担するので、サービス導入の初期費用はゼロだ。

さらに、ベイコムが提供するその他サービス(ケーブルテレビ、ケーブルインターネット、ケーブルプラス電話)とセットで契約した場合には、さらに電気料金が割安となるプランもあるという。

ベイコムは、提供するサービスラインアップに電力サービスを追加することで、今まで以上に地域の安心や暮らしのサポートを強化していく考えだ。


▼外部リンク

阪神電気鉄道(株)によるプレスリリース
http://prtimes.jp

ベイ・コミュニケーションズのホームページ
http://baycom.jp/index.html