メールアドレス パスワード
>パスワードを忘れた方はこちら
無料メンバー登録

独自形状ブロックで壁面から耐震化、新工法を開発~竹中工務店

投稿日時:2014-08-03 23:00:00

マンション以外にも商業・公共施設の耐震化も
主に土木建築工事の請負や設計・管理などを行う株式会社竹中工務店(本社:大阪市中央区)は7月31日、鉄筋コンクリート造りの建造物に対して、蝶々型の独自形状のブロックを積み上げることで耐震補強に有効な『エストンブロック工法』を開発したと発表した。
(画像はプレスリリースより)

マンションの耐震工事のみならず、病院や学校、ホテルなど、工事中の騒音や振動を減らし耐震化することが可能となる。

特に横方向の揺れに対して効果的
最大の特徴はブロックの形状。蝶々型の形状により相互のブロック同士がかみ合うことで横ずれに対する強度が増すため、以前からの長方形ブロックなどに比べて耐震性能が向上、さらには横方向の配筋が不要となるという。
(画像はプレスリリースより)

この工法の実績は、既に竹中工務店の本社ビルや幼稚園など4施設に施工。大阪市内のオフィスビルには約6000個のブロックを使用したという。

居住者や施設利用者の動的負担を軽減
平成25年に施行された「改正耐震改修促進法」で耐震改修が急務となっている建造物が多くなっている。この工法により、建造物の稼働への影響がほとんど無くなるほか、騒音や粉じんなども最小限に抑えることが可能となる。

また、今年7月には建造物の調査を行う日本ERI株式会社(本社:東京都港区)より構造性能に対する評価を取得したことで、今後広く普及していくことが予想される。


▼外部リンク

竹中工務店 プレスリリース
http://www.takenaka.co.jp/news/2014/07/05/index.html

日本ERI
http://www.j-eri.co.jp/