メールアドレス パスワード
>パスワードを忘れた方はこちら
無料メンバー登録

住まいと投資の視点から 自宅マンションを活かして将来のお金の不安に備える方法

投稿日時:2014-08-18 20:00:00

人気FPが体験を元にやさしく解説
テレビや新聞、雑誌などで、お金に関する情報を発信し活躍中のファイナンシャルプランナー、風呂内亜矢さんの書籍『貯金80万円、独身の私にもできた!自宅マンションを買って「お金の不安」に備える方法』が2014年7月25日、日本実業出版社から発売された。価格は1620円(税込)。
(image:Amazon)

著者の風呂内亜矢さんは、「わかりやすいお金の話」で人気のファイナンシャルプランナー。

IT企業に勤務していたころ、自宅用としてマンションを購入。頭金もほとんどない、貯金80万円の状態で衝動買いしたものの、物件価格以外にも費用がかかると知り、貯金とお金の猛勉強を始めた。

また、著者の風呂内さんは、当初のマンション購入後、投資マンションの販売会社に転職した経歴も持つ。「完済年齢を把握する」「不動産と重複する保険はかけない」など、体験を交えた営業で、年間1位の売上業績をあげたことも。

現在では自宅を含め夫婦で4つの物件を保有し、賃料収入を得ている。

現在の住まい、将来は家賃収入源にできる上手なマンション購入
『貯金80万円、独身の私にもできた!自宅マンションを買って「お金の不安」に備える方法』では、そんな自らの経験に基づいて、トクする物件の選び方や、転勤、結婚など人生の節目での上手な対応法を伝授。

上手にマンションを買えば、賃貸住宅に住んだ場合の家賃と比較して得ができるし、いざというときに人に貸すことで、年金のような収入を得ることができ、将来的にお金の不安を解消できるということを、やさしく解説。

「貸せる」物件の選び方・上手な貸し方まで、具体的なノウハウが詰まっている。

自宅マンションを現在の住まいとして、そして将来のための投資として十分に活かし、現在も未来も安心して暮らすための方法を知ることができる一冊だ。


▼外部リンク

日本実業出版社 書籍紹介ページ
http://www.njg.co.jp/kensaku_shousa.