メールアドレス パスワード
>パスワードを忘れた方はこちら
無料メンバー登録

7月度の分譲マンション賃料、2014年上半期の上昇基調は一服

投稿日時:2014-08-18 22:00:00

7月度の分譲マンション賃料、2014年上半期の上昇基調は一服
株式会社カンテイの調査結果によると、首都圏、近畿圏、中部圏の3大都市圏における月額賃料の平均は下落傾向、2014年上半期の上昇基調は一服したと考えられる。
(画像はプレスリリースより)

首都圏での月額賃料の平均
2014年7月度の首都圏の分譲マンション賃料は1平方メートルあたり2,558円と前月度比でマイナス2.0%と3か月連続で下落した。

都道府県別でみると東京都や千葉県で3か月ぶりに上昇したが、小幅なプラスにとどまった。神奈川県では平均築年数が進みマイナス2.1%の2,016円。埼玉県では平均築年数が若返り、プラス1.7%の1,628円。

近畿圏での月額賃料の平均
近畿圏では主要エリアでの平均築年数が進んだことにより前月比マイナス1.8%の1平方メートルあたり1,817円。

大阪府では平均築年数が進み、4か月ぶりに月額賃料が3.0%も下落するなどして2014年度での最低値を記録。兵庫県でも築年数の増加が主な要因で引き続いて下落した。

中部圏での月額賃料の平均
中部圏では前月比マイナス0.6%の1平方メートルあたり1,566円。愛知県は2か月連続で下落となった。

名古屋市では3か月連続の下落となり、下落幅も増加している。

2014年度の上昇基調は一服し、一転弱含みでの推移へと移行していることがうかがえる。


▼外部リンク

株式会社カンテイ プレスリリース
http://www.kantei.ne.jp/release/PDFs/T201407.pdf